楽しいって何だろう?

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

HYPER LIGHT DRIFTERを遊ぶ 第一印象 -ゲーム感想

5月25日発売

HYPER LIGHT DRIFTERを3時間程遊んでみた

ファーストインプレッション的な感想

 

f:id:ai00914:20170530213729j:plain

 

ハード:PS4

ジャンル:アクション

トーリー:大病に冒された主人公が

                        その治療法を探るために

                        旅する世界を

 

[懐かしさと新しさの混じる世界]

本作は古き良き2Dゲーム全盛の時代を

思わせるグラフィックの世界を探検する

f:id:ai00914:20170530213756j:plain

レトロ風ながらも現行ハードなので

画面は綺麗。アクションもサクサクが嬉しい

 

[小気味良い戦闘]

本作の戦闘は近・遠距離攻撃と

発動中は当たり判定がないダッシュの

組み合せがメインとなる

(武器も切替可能らしいが、そこには未到達)

 

ダッシュして敵との距離を一気に詰めて

近接コンボをキメたり

敵の攻撃を回避しつつ遠距離攻撃で削り

一気に近接攻撃で倒す  など

 

基本的に1vs複数の中で立ち回りを

考えて戦う面白さと

敵に攻撃をヒットさせる感触の

気持ち良さがある

 

(トラップと敵の攻撃が組み合わさり

さながら弾幕ゲーのような画面になった時は笑ってしまった) 

 

[多くを語らな過ぎるストーリー]

本作のストーリー関して、プレイヤーが

与えられる情報は断片的だ。

 

開始時にちょっとしたムービーはあるし

道中出会うキャラに話し掛ければ

数枚のイラストを提示してくれる

(ボイス等は特になし)

 

他にもこれといったテキストでの補完も

今の所見当たらないので、元々ストーリーが

それ程重要視されていないか

自分で考えるプレイヤー向きという感じ

 

大病に冒された主人公が~という

導入の設定も、僕は通販サイトの商品説明で

知りました(笑)

 

[広大な世界に体当たりで挑む]

とても、ざっくりとした目的地を告げられ

世界に放り出される

 

序盤から、地下施設を含めかなり遠くまで

行く事が出来るし、その先々で何かしら

敵や仕掛けがあるのが楽しい冒険感

 

その代わり、結構簡単に迷う事が出来る

自分が、どのギミックをクリアしていないか

(中断後)そもそも左右どっちから来たのか?

というレベルまで

 

また、他に気になった点として

・これだけ広大なマップを移動するのに、操作キャラの移動スピードがやや遅めな事

・ステージBGM的なものがなく、少し物足りない事

などが挙げられる

 

[まとめ]

 本作は人によって評価が分かれると思った。

トーリー面での説明の少なさを

例えば、不親切と取るか

考える余地があると取るかという感じ

 

個人的には、見下ろし型の

2Dアクションゲームとして楽しいし

何より雰囲気が良いので好印象だ。

 

ただ、次回再開した時に

まーた自分が、前回プレイ終了時に

どっちから進んで、どこを目指していたのか

っていうのを忘れている姿が

容易に想像出来るのがつらい