まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

Wake Up Girls! 新章 1話の感想でーす!

Wake Up Girls!の新章がいよいよ放送開始

 

今期は他にもラブライブ!サンシャイン!!アイドルマスターSideM、ドリフェス、ツキプロなど

男女アイドルアニメの過呼吸状態。そんな密集状態に敢えて突っ込むWUG

 

でも、やっぱり何だかんだでWUGのオタクなので、こちらの感想を書いていきたい。

せっかくブログもやってるし

 

感想

新章は、2015年に公開された続劇場版からの続き

 

I-1clubを抑え、アイドルの祭典で優勝。こらからどうするの?と思ったら

やっぱりというか、まだまだ半地下のような活動をしていて笑う

 

何かキラぷにしたキャラ

新章の見た目的な部分で1番目を引くのは、やはりキャラデザ

前のシリーズより歳とってるはずなのに、みんな幼く見える(笑)

(昨年のWUGfesで特報映像が流れた時、新章島田真夢を見て新キャラかと思った)

 

それでも、親しんできたキャラ達がわいわい動いてるのは、懐かしさと共にやっぱり嬉しい

早く慣れたいなーと

 

アイドル不況

1話からいきなり不穏な話題。

 

前シリーズでアイドル戦国時代とか息巻いていたのが、遠くに見える

これが話の主軸に絡むのか、一時的な話題なのかは分からないけど

男鹿なまはげーずの解散は中々にショックだったぞ

地味に好きなキャラでもあったし、その雰囲気というか何か変にリアルで滅入る

 

ライブがCGになりました。

話には聞いていたけど、本当にCGで笑う。この辺は賛否分かれそう

 

CGにする事で、前シリーズに不足してたライブパートが増えるなら、それも良いんじゃないかな

初期アイカツ!を彷彿とさせる、ぎこちなさは改善されると尚嬉しいし、手足の程良い太さって大事だと認識

 

1話1発目の選曲としは納得なんだけど、久しぶりの歌番組出演で、まだ7GW歌ってる辺りが

WUGは、劇中ではその曲の1発屋的な認識なのかと邪推してしまう(笑)

 

以下、雑感
  • ランガちゃん、思った以上に出番多い!推されてる感
  • 予告の実写は継続。ランガちゃん以外も出るのかな
  • またファミレス出禁になる大田氏
  • 放送待機中のMay'nさんがただのオタクだった

 

おわりに

楽しみなのと不安が入り混じった1話。個人的に結構好感触でした。

 

まぁ、グッと惹き付ける訳でも絶望する訳でもない、可もなく不可もなくといった内容

1期の嵐に比べたら、無難過ぎるスタートという印象

 

監督交代云々については、割と前向きに考えていいる。

BtBが、前シリーズの最後として、とても綺麗に終わり過ぎて

「もうアニメのWUGはこれで完結なんだろうなぁ」と当時思ったくらいでして。

 

なので、新しい監督とスタッフのWUGが見られるの楽しみくらいの気持ち

やっぱり好きな作品なので、週一の楽しみになれば嬉しい