すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

The Sexy Brutaleを遊ぶ 第2の事件まで -ゲーム感想

配信開始日:6月18日

ハード:PS4

ジャンル:謎解きとアクション?

 

f:id:ai00914:20170613210818j:plain

 

The Sexy Brutaleとは

本作は、時間の巻き戻る屋敷内を探索し

招待された客人全員を、死の運命より

救う事が目的であり

それまで何度も何度も同じ一日を繰り返す

 

各章ごとにターゲットとなる客人がおり

屋敷内を探索し、ターゲットと死因を確認

次に、それを防ぐための方法を考えていく

 

自分が事件を解く感覚

主人公は他キャラに干渉出来ないため

(同じ部屋に居る事も出来ない) 

アイテムや屋敷の仕掛けを駆使して助ける

 

その不自由さを上手く生かした

鍵穴から隣室の様子を覗き見し

会話を盗み聞きして情報を集め

考える、それを実行に移す試行錯誤

そういった過程が面白い

 

失敗しても、時間が巻き戻った後に

前のプレイとは違う部屋に行ったり

行動をしてみたりと、自分で事件を解く

そんな没入感が自然と生まれている

             

懐かしさのある雰囲気

箱庭感のある屋敷内であったり

二頭身のキャラクターが

わいわいしている様子はどこか懐かしい

良い意味でPS1時代を彷彿とさせる

 

気になった点

・ヒントが多くは与えられない

 被害者と死亡現場・原因、解決方法を

かなりの部分で、プレイヤーの気付きに

左右されているのは、人を選ぶか

・移動スピード

本作のプレイ上、何度も屋敷内を

歩き回る事になるのだが、個人的には

歩くスピードはやや遅いように感じた