床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

ゴジラ FINAL WARSを見た

アニゴジが公開された今週末

休日出勤後の日曜は在宅を極め、なぜかゴジラFWを見ていました。

 

今回が、2回目の視聴で色々思った事もあったりしたので記事を書きました。

 

世界観がめっちゃ好み

FWの世界はゴジラさんだけではなく、色んな怪獣と戦い続けている世界。この辺りはアニゴジに通じますね

 

その中でミュータント兵士がいたり、従来のゴジラとは一線を画すものの、個人的には好きな設定だったりします。

VSシリーズはともかく、昭和ゴジラやを見ても、怪獣がこれだけいるのだから人間も常に怪獣の脅威に晒されていても良い感じが

個人的に思う所で、なのでこの怪獣大戦的な設定は好きなところ。

 

また、それとは別に頼もしい味方だったミュータント兵士が、遺伝子を利用されX星人に操られてしまう絶望的な感じも

なかなかゾクゾクする設定。今回見直してFWは、設定レベルだと好きな要素が多い事に気付く

 

なぜ好きになれないのか

そんな好意的な気持ちの後に沸き上がるこの疑問

 

やっぱり単純にゴジラさんと一部の怪獣以外の、怪獣達の扱いがすごい軽いからなんだなーと感じる

勿論、出る怪獣の数を考えたら全部の活躍は上映時間的には難しいかもしれないけど、客としては関係ないし

何とかしてよプロなんだから…と。怪獣を沢山出しても扱いがあれじゃ意味なくないみたいな。

戦闘シーンの演出で良かった点も結構あったので正直X星人と人間の對決シーンとかいいからみたいな闇を抱く

 

ガイガンがめっちゃカッコイイ

今作のガイガンがやばいカッコイイ

深い色味の赤とか、機械的な部分がハイブリッドされた怪獣の魅力が輝く

 

だからこそ、2回連続で頭やられてあぼん納得いかない

1回目はともかく2回目は自分の攻撃やんけお前…となってしまいます。

 

おわりに

ゴジラFWを初めて見た時は、思わずゴジラ好きな友人にメールしてしまったのですが

(返信はなかった)

今回見直して見ると、設定面を主に良い部分も沢山見つけられたのが意外で嬉しい発見

 

ただやっぱり、オリジナルの会場SF映画なら良かったかもしれないけど、ゴジラさんって絶対的な主役がいる作品では

個人的にちょっとなーと思う上映13年後の感想。シリーズの切り口としては新しいし、当時よりも

色んなゴジラが許容されてる今の方が時分は良かったような。と思うと同時にある種の当時の限界もどこか見れる

 

また、数年後みたら感想が変わりそうでもあるし何か不思議な作品だと思っています。