まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

噂 -読書感想

 

f:id:ai00914:20170815222921j:plain

ジャンル:ミステリー

新作の香水を売り出すプロモーションとして

少女の足首を切断するレインコートを着た男

レインマンの噂が流される

 

その甲斐あって、商品はヒットするが

噂の中の存在でしかなかったレインマン

実際に現れ殺人事件を起こしていく

 

感想

殺人鬼の噂の噂を創作し流布したところ

実際に、それが現れて事件を起こし始めた。

という、とてもワクワクする内容

 

勿論、ホラーでなくミステリーなので

犯人はちゃんと人間。

 

本書の初刊は2001年。本文中にも登場する

iモードが普及し始めた頃の空気が感じられ

懐かしさを覚える。

 

聞き込み等の地道な操作と分析を積み重ね

うわさを範囲を特定、じりじり狭めていき

その元凶に迫る過程の面白さは、噂という

題材ならでは

 

また、主人公の小暮刑事は妻を事故で失い

娘との2人暮らし。親子の会話シーンが

ちょくちょく挿入されるが、是非ここは

読み飛ばさずにして欲しい

 

[犯人について]

正直、そこに着地するのかーという印象

この辺りには個人的にはあまりドラマ性を

感じなかった。しかし、動機については

本作の事件を思うと◎

 

[おわりに] 

捜査本部の方針とぶつかりながらも

主人公コンビが、事件の背後に流れている

噂に気付き、犯人に辿り着く。

その過程を楽しむものだったかなーと

思っていると、最後の最後にガツンと

やられてしまった。あの終わりはずるい