まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

Mr.Shifty 瞬間移動して殴り続けて5時間を溶かす -ゲーム感想

Nintendo SwitchのDLアクションゲーム

Mr.Shiftyを遊びました。その感想です。

 

f:id:ai00914:20170605212217j:plain

 

[システム紹介]

本作は見下ろし視点型のアクションゲーム

主なシステムは、瞬間移動して殴る

ただ、それだけ(!?)

 

複数のエリアで構成されたステージ制で

各エリアの敵を全滅→次エリアへ

その流れを繰り返し進んでいく

 

武器も拾えるけど、基本的には拳1本勝負

そんな脳筋マインドに溢れる素敵な作品

f:id:ai00914:20170605212828j:plain

 

[敵を殴る気持ち良さ]

本作はJoy-Conの振動機能にもバッチリ対応していて

敵を1発流す事にその振動が伝わってくる

これが本当に気持ち良い

 

地味だけど、確実にプレイヤーに

ゲームしてる感覚

操作してる感覚と没入感をくれる

振動機能の良さを再確認出来た体験だった。

 

[研ぎ澄まされる感覚]

本作は、どちらといえば死に覚えゲー

分類される。敵の攻撃を1発でも食らったら

ゲームオーバーな男気仕様

 

なので、普通に立ち回りの悪さが

原因の死亡から

それこそ事故死みたいなものまである

リスポーンが早いのでそこまで

苦にならないのだが

何よりも遊ぶ度に上達が自然と感じられる

 

アクションゲームを遊んでいると

考え方や動きが、だんだんそのゲーム用に

洗練、最適化されていく 

Mr.Shiftyはそんな体験をくれる

 

ステージが進む毎に難易度は

上がっていくのに

死亡数(リザルトで教えてくれる)は

むしろ減っていく

 

そんな目に見ての上達が嬉しいし 

敵を殴り倒した後に、背面の敵の銃撃を

間一髪で隣の部屋へ瞬間移動しかわす

そんな脳汁出る動きを出来るように

なっていた時は嬉しかったな

f:id:ai00914:20170605214111j:plain

トーリー自体も、PS時代のような

軽いノリで進むのが楽しい

 

[まとめ]

本作を知ったのはゲーム情報サイトの

紹介記事で、その時は1発食らうだけで

即死の高難易度ゲームの印象を受けた

 

しかし、実際遊んでみると

アクションゲームがそんなに得意でなくても

遊ぶうちに上手く出来るようになるし

 

瞬間移動して攻撃をかわしつつ殴る!

 

というシンプルでありながらも

気持ち良いアクションに

夢中になってしまった。

 

死に覚えゲーの側面もあるので

同じステージを何度と繰り返す事もあるけど

それを差し引いても、とても楽しかった。

1500円だし、Switchで手頃な

アクションゲームを探している人には

是非とも触れてみて欲しい

 

そんなゲームでした。

 

f:id:ai00914:20170605215038j:plain

 

Nintendo SwitchのDLゲームも

中々期待出来るな!