まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

仮面ライダービルド 27話28話の感想

代表戦もクライマックスなのに、録画を溜めてしまうという意識の低さ

 

感想
人物の描写が丁寧だなと思う

今回の龍我が負けてしまう展開も、ただビルドの新アイテムの噛ませとして負けるだけでなく

ヘルブロス側の事を考えて全力を出せずに負けてしまうというものであったり

さわさんが裏切り者でも、その暴露とピンチ展開だけで終わらずに、猿渡に人質を救出させ

戦兎もそれを汲んだ上で耐えて勝つっていう流れ。

 

描写が丁寧というか、一方的に悪く・カッコ悪くならないように工夫されているなーと感じた

今回負けたローグだって、ラビットラビットのデータをアップロードしてからは強さで押していたし

(その点、ラビットラビット君が1番損してたかも)

 

難波重工無双

結局西都君もいいように利用されてしまった。

制作側は難波重工をどういう方向に持っていくんだろうなぁ

 

これまでも企業が敵側にいる作品はあったけど、名前にカタカナが入ってない漢字のみなのは逆に新鮮

 

扉を開けたらスタークが控えてるの怖い過ぎるでしょ…

 

ラビットラビット/タンクタンク

お目見えした新フォーム

どっちもどストライクにカッコいいデザインに、ゴツい新武器がイカす

 

ハザードフォームにパーツを着込む変身が、まさに暴走を押さえ付けるという意味が、視覚的にもはっきり分かって面白い。

 

ラビットラビットで手足が伸びたり、タンクタンクで下半身が戦車に変形してり、清々しい程のやっぱりもう人間じゃないんだ感

 

でも、あの緊張感のある場面でフルフルする音は場違い感が半端なくて笑う

 

修羅の国日本

ビルド世界の日本が世紀末過ぎる

スカイウォールの惨劇が無くても、内戦は時間の問題だった感すらあるw

難波重工君は普通にやる気だったし、むしろボトルやパンドラボックスがあるおかげで、代表戦という全面戦争よりマシな状況が生まれたのでは

 

東都の首相を見ていると、幻徳の気持ちも何となく分かってくるこの頃

主人公のラブアンドピースには勝てなかったけど

 

おわりに

良くも悪くも今後が楽しみな感じ

来クールも西都が混乱の種となるのか

 

個人的に幻徳/ローグが、この代表戦で印象的だったから期待したい

 

人質奪還の報酬に握手券を求めるかずみん(29歳)が最高にロックだった…