楽しいって何だろう?

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

『巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避』今と未来のタックスヘイブンを見つめる-読書感想

f:id:ai00914:20170607223851j:plain

 

ジャンル:新書、経済

 

新書はその厚さも相まって、読みたい知識をサクッと読める反面

発売時期とかブームの関係で似たような本が多かったりして

一つのジャンルを掘ると、何回も同じような内容を読む事も多い(それも大事な事なんだけれど)

 

今回はそんな中、全くの新しい知識に触れられたのが嬉しかった新書

 

感想

昨年起きたパナマ文書事件

その概要と影響の解説、そしてビットコインやサイバー世界の現状など、タックスヘイブンの今後を予測する

 

よく分かる新書

本書はとても分かり易く書かれている。

 

例えば、パナマ文書について、ニュースでちょっと耳にした程度の僕でも、詳しく知ることが出来た。

 

また、こちらも最近話題のビットコインや、インターネットの世界についても、分かり易い解説をしてくれるので

単純に知識を得たり、その取っ掛かりとしても、とても役立つと思う

 

新しいタックスヘイブン

個人的にタックスヘイブンに関する本を、これまで何冊か読んできたが

本書は、その内容故にマンネリ感など一切なく楽しめた。むしろ、新鮮気分

 

まず、パナマ文書という比較的新しい問題を

扱っていること。次に、従来の本ではよくあった

国際関係の枠組みや対策といった内容は、軽く触れるくらいとなっている

しかし、その代わりに新しい分野、今後に関する問題提起がある事が刺激的だったし、本書の特性だと思った。

 

ビットコイン
  • その成り立ちから現在までの流れ
  • ブロックアンドチェーン方式の説明
  • マイニングについて
  • 今後の展望

大まかにこのような内容で構成されている

 

個人的には、ビットコインの設計の基となっている論文の著人が日本人(日系人?)である事や

取引の整合性を保つ為のハッシュ値、その解析プログラムの配布と

正解者には賞金を与えるというシステム(マイニング)で世界中の一般参加者を競合させ

その公開性により信頼を確保している、というシステムが面白いと思った。

 

また、取引の信頼性を獲得する作業や権限を、国家などが独占する従来のような体制ではなく

公開・分散する事で、これまで未来の一つの到達点として予想されていた、権力集中による管理社会とは違う

分権的な未来の可能性をも見せている、というようななんだかワクワクするような事まで

書いてある

 

サイバー空間

暗号通信や、通常の検索エンジンでは辿り着かない深層ネットの内容が面白い

単純に僕が今まで知らなかったからなんだけど、だからこそ初めて触れる内容が刺激的

 

最近目にする機会もある「tor」の解説が中心的。薬物販売のアマゾンことシルクロードの事件解説が

SFに片足を突っ込んでいるようでもあり、面白かった。

 

日常的にネットに触れているのに、まだまだ知らない事だらけだ…

 

 気になった点
  • パナマ文書以前の国際的な流れ等については、他書に譲る形となっている
  • 既に本書に収録されている内容についてある程度の知識を持つ人には、あまり得る物がないかもしれない

 

おわりに

本書はパナマ文書とその後の影響。

そして、サイバー空間を想定した今後の予想が主だった内容となっている

特に後者は、僕が読んできたタックスヘイブン本の中では、初めて見る内容も多くとても新鮮で面白かった。

 

また、ビットコインやtorについても、詳しく分かり易い解説と事例が載っており、新しく知るには最適であった。

僕は、本書によりビットコインに対する印象が大きく変わった。

 

タックスヘイブンパナマ文書について簡単な知識を得たい人

興味のあるけどそれ程経済に詳しくない人や

勿論、経済について詳しい人、両方にオススメ出来る一冊

 

本書のタイトルとかタックスヘイブン絡みの話題を見る度に

月々きちんと税金を搾取される小市民は何とも言えない気持ちになる

 

 

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 (光文社新書)

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 (光文社新書)

 
巨大企業は税金から逃げ切れるか??パナマ文書以後の国際租税回避? (光文社新書)
 

 

 

 

 

秋アニメの感想-2017年10月2週目-

秋クールからアニメ見るのを再開した。

特に何があって見なくなったわけとかでなく、何となく見なくなってしまったので

復帰も何となく復帰

 

せっかくブログもやってるので感想を書いていきたいなぁと

 

Infini-T Force

番組表を見ていたら発見した、前情報0の作品。タツノコヒーローアニメという事なので録画予約した。

 

翌日録画を見始めた時は、一体何のアニメを何故予約したのか!と思ってしまった。(僕自身も記憶力がゴミ)

まず、CGアニメでビビる。次に主人公が女の子だ、しかも可愛い。最初のあらすじでタツノコヒーローアニメだと思い出すも

どんな作品になるだろう?っていう、単純な疑問が浮かぶ

 

見てなかった先週の1話時点で、メインヒーローの3人が合流。変身解除後のヒーロー達がみんな今風イケメンで笑う

ガッチャマンと笑ちゃんのやり取りは結構好きだな

そして、今週はキャシャーンも合流。胸のマークが光るのがやばいかっこいいし、お供のワンコが可愛い

 

ヒーローが2話で集まったので、仲間割れ展開は無さそうなのかなと。むしろ、敵サイドの方がもう割れそうだ

まだ話は全然見えない。しかし、今後を期待出来る感じが嬉しい

 

全然関係ないけど、日テレ深夜アニメ特に平日深夜枠は、番組終了後の「深夜!」って感じが凄い。その感じが好き

 

ラブライブ!サンシャイン!!

前回、またもや終わらない閉校フラグが立ち上がった

今回は?と思ってたら、めちゃめちゃにキャラ回でした。

2曲必要だから、グループを2つに分けるまでは解るけど、1年3年が一緒くたなのは何か笑う

 

何よりも、今回は果南ちゃんとマリーのポンコツ過ぎる面がフィーチャーされ過ぎて、これ大丈夫なの???みたいな(笑)

3年組は1期でも描かれる時間が少なかったからこその驚きでもあるんだけど、前作の3年組とは違って

ポンコツ過ぎるしトラブルメーカーだしと思う反面、学校も違うんだからこれもありじゃないって思う

 

話的な進展はうーん?って感じだけど、見て実況してて楽しかったな。ガチ勢の感想が知りたい

サンシャインは1期の水着といい、サービスシーンを普通にぶっ込んでくる

 

アイドルマスターSideM

もう3話目な感覚になってしまうSideM

今回は宣材写真撮影と、メンバーの関係を深める回

(2話で宣材写真を撮るのはもうアイドルマスターアニメのお約束なんだろうか)

 

SideMはなんというか、とにかく爽やかですね

アニメだから多少の補正があっても、男同士の爽やかさみたいなのが感じられるのが嬉しい。最後までこのまま行ってくれ

 

地下アイドルJUPITERも面白いけど、ちゃんとスタッフしてる315のアイドルも面白い

(パイロットとか弁護士もいるんだぜ???)

中身的には女の子アイドルでも出来そうなのに、それを男がやってるってのが何か面白い

 

正直、名前が分からないキャラが8割くらいなんだけど、SideM楽しい

 

 

まだ録画して見られてないアニメもそれなりあるので、追いつき次第感想を追加していきたい

 

 

DREAMING MONSTER presents 秋の無銭出稽古 10/12日開催 -ライブ感想

10月12日開催

DREAMING MONSTER 主催無銭出稽古に参加してきました。

その雑感溢れる感想


f:id:ai00914:20171013231457j:image

新宿BLAZEが好き

 

思い出と忘備録

実は先月渋谷O-WESTであった無銭出稽古にも参加してました。

なので、今回の開催を知った時は0秒で参加決定~~

 

READY TO KISS

今年の春頃、同じ新宿BLAZEで初めて見たアイドルさん

その時からメンバーは幾らか変わっているけど、にわかだから良くも悪くも、今のメンバーがレディキスさん

 

最近対バンで見る機会も多くて、ライブも楽しくてめっちゃ好きになってきて!

季節は変わり秋になっても、初めてステージを見たBLAZEで、今回も楽しいライブが嬉しかった!

牧野広実ちゃんが眩しい

 

Ange☆Reve

ライブ参加は一月ぶりのAnge☆Reveちゃん

くるさん卒業でメンバーは一人減っての6人。もう今では普通にライブ見てても、メンバーの名前と顔が一致するように

もっと早くこうなりたかったな。この日は、ゆあちゃんが沢山見られて、あかりんごちゃんも可愛かった

 

セトリは大満足セトリ。『Stare』歌い出しの君しか見えないりかちゃーんコールが最高に楽しい

 

アキシブproject

この日、1番ハチャメチャに楽しかった!

会場の盛り上がりもそう、個人的にも好きな曲全部聞けた上がれた最高の時間でした!

 

アキシブも無銭乱舞で初めて知ったレベルなのに、最近ライブで会える事が多くて

その度に好きになってしまう。アキシブウェイが来ると問答無用で嬉しい

 

DREAMING MONSTER

今回の主催

初めて見たのは、今年のTIFというにわか中のにわか

 

でも、その時のステージが心に残っていて、ちょっと気になるアイドルさんになっている

この日も、初めて聞く曲から知っていた曲まで全部楽しい

 

正直、次の日も労働あるし早上がりを考えていたけど、それが困難なステージが嬉しい

 

おわりに

個人的に1週間ぶりのアイドルライブという事でめっちゃ楽しみだったけど、余裕でそれ以上を超えていく

次の開催16日月曜も楽しみだ

『プラスティック』 あなたは何を書き込みますか? -読書感想

f:id:ai00914:20171013221305j:plain

 

ジャンル:ミステリ

 

フロッピーディスクって知っていますか?

先日、フロッピーを知らない世代も続々と社会デビューしてるとある記事を読みまして…

 

ビデオテープもそうだけど、フロッピーディスクも1周してオーパーツのように思える

 

今回は、そんなフロッピーディスクが主役のミステリ小説(強引)

 

 

感想

とある主婦による日記から始まる本作

そこに現れる奇妙な出来事をきっかけに起こる事件の記録

 

交錯する視点

一つの事件を、様々な人物の書いた文章の提示のみで描写するスタイルは新鮮

あくまで、その人物の主観で綴られる文書は食い違いなどもあり、そこに推理する面白さがあった。

 

主観の曖昧さ・不完全さといったものは、ミステリーに限らず題材とされる事が多い

本作は、読者がいきなり事件へ放り込まれる。

そして、各々勝手な行動やエピソードが盛り込まれた文書を巡っていく。

 

一つの事件を複数の視点で見る面白さもありつつ、その矛盾に混乱する。この感覚が楽しい

 

仕掛けが分かっても最後まで楽しめる

本作のトリックいうか仕掛けは、あまり難しいものではないと思う。

初版時(1994年)はともかく、現代では読んでいると何となく察する人も多いのではないか。

 

しかし、だからといって本作の面白みが無くなるという訳ではなかった。

むしろ、そこからが本番というか。

この仕掛けを持った本作がどんな終わりを迎えるのか興味津々が止まらない

 

むしろ、途中で気付いてしまった人こそ楽しめる余地がある、そんな懐の広さを感じる

 

気になった点
  • 本当に全編が人物の書いた文章で構成されているので人を選ぶ
  • 仕掛けに気づいても楽しめると書いたが、そこで興味を無くしてしまう人もいるかもしれない
  • モヤッと系ミステリ小説

 

おわりに

幾多の人物の、日記、メモ、告白書、レポートが積み重なり

一つの事件が描かれ一つの結末を迎える展開は新鮮かつ、唸ってしまった。

 

初版が1994年(!?)そんなものは関係ない。面白いものは今でも面白い説をめちゃくちゃに補強してくれる

何か90年代って今振り返ると良い感じのカオス感ありましたよね…

 

決して明るい内容ではないのに、気持ち良いくらいに駆け抜ける

そのラストシーンに痺れる

 

筆者関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

 

 

プラスティック (講談社文庫)

プラスティック (講談社文庫)

 

 

 

プラスティック (講談社文庫)

プラスティック (講談社文庫)

 

 

Wake Up Girls! 新章 1話の感想でーす!

Wake Up Girls!の新章がいよいよ放送開始

 

今期は他にもラブライブ!サンシャイン!!アイドルマスターSideM、ドリフェス、ツキプロなど

男女アイドルアニメの過呼吸状態。そんな密集状態に敢えて突っ込むWUG

 

でも、やっぱり何だかんだでWUGのオタクなので、こちらの感想を書いていきたい。

せっかくブログもやってるし

 

感想

新章は、2015年に公開された続劇場版からの続き

 

I-1clubを抑え、アイドルの祭典で優勝。こらからどうするの?と思ったら

やっぱりというか、まだまだ半地下のような活動をしていて笑う

 

何かキラぷにしたキャラ

新章の見た目的な部分で1番目を引くのは、やはりキャラデザ

前のシリーズより歳とってるはずなのに、みんな幼く見える(笑)

(昨年のWUGfesで特報映像が流れた時、新章島田真夢を見て新キャラかと思った)

 

それでも、親しんできたキャラ達がわいわい動いてるのは、懐かしさと共にやっぱり嬉しい

早く慣れたいなーと

 

アイドル不況

1話からいきなり不穏な話題。

 

前シリーズでアイドル戦国時代とか息巻いていたのが、遠くに見える

これが話の主軸に絡むのか、一時的な話題なのかは分からないけど

男鹿なまはげーずの解散は中々にショックだったぞ

地味に好きなキャラでもあったし、その雰囲気というか何か変にリアルで滅入る

 

ライブがCGになりました。

話には聞いていたけど、本当にCGで笑う。この辺は賛否分かれそう

 

CGにする事で、前シリーズに不足してたライブパートが増えるなら、それも良いんじゃないかな

初期アイカツ!を彷彿とさせる、ぎこちなさは改善されると尚嬉しいし、手足の程良い太さって大事だと認識

 

1話1発目の選曲としは納得なんだけど、久しぶりの歌番組出演で、まだ7GW歌ってる辺りが

WUGは、劇中ではその曲の1発屋的な認識なのかと邪推してしまう(笑)

 

以下、雑感
  • ランガちゃん、思った以上に出番多い!推されてる感
  • 予告の実写は継続。ランガちゃん以外も出るのかな
  • またファミレス出禁になる大田氏
  • 放送待機中のMay'nさんがただのオタクだった

 

おわりに

楽しみなのと不安が入り混じった1話。個人的に結構好感触でした。

 

まぁ、グッと惹き付ける訳でも絶望する訳でもない、可もなく不可もなくといった内容

1期の嵐に比べたら、無難過ぎるスタートという印象

 

監督交代云々については、割と前向きに考えていいる。

BtBが、前シリーズの最後として、とても綺麗に終わり過ぎて

「もうアニメのWUGはこれで完結なんだろうなぁ」と当時思ったくらいでして。

 

なので、新しい監督とスタッフのWUGが見られるの楽しみくらいの気持ち

やっぱり好きな作品なので、週一の楽しみになれば嬉しい

休みの過ごし方が下手になった

と最近つくづく思う

 

ライブ行く予定のない休みの日、在宅デーが上手く過ごせなくなってしまったと感じます。

 

これまでは

僕はどちらかと言えばインドア、引き篭もり派のオタクだったので

これまでは、休みの日に家にいられるだけで満足だったりしました…

 

今は?

いつからか、土日のどっちかは、もしくは両日ライブへ行くのが当たり前になり

なんて言うか、外出内で家にいてもあんま嬉しくないっていう状態に…

 

なぜそうなったのか

 ライブ行くのってすごく楽しいんですよね

演者さん可愛い、曲ちょー好き楽しい、飛んだりフリコピしたりツーステは何気に良い運動

そういうのが全部合わさって楽しいながら、無意識の内に平日の憂さ晴らしになってしまってるのかなと

勿論、ライブ中は演者さん一直線なんだけれど

 

しかも、アイドルさんのライブにも行くもうになって気付いたのが

アイドルさんのライブって週一ペースで普通にあるし

そのペースで慣らされるとこうなるという典型の道を歩いている感

 

休みをどう楽しむのか

やっぱりせめて1日はライブ行きたいなーってのが今の気持ち

 

でも、正直ライブも演者さん側が用意したものを楽しんでいるだけって言う受動的なものなんじゃないかと最近おもうように

そうなると、本当に自分で能動的にやれてる!って思う様なものを見つけないと

一生こんな気持ちを引き摺るんじゃないかと…

 

いっそ何か勉強でも始めるか?

 

結局は

色々gdgd書いてきたけど、結局はせっかくの休みを満喫したいのに

そうでない事が結構ある。どうすればいいんだろうって言う話に

こんな事を考えている自体がダメな日本人の局地みたいで嫌(笑)

 

本当に何か勉強でも初めるか、良いゲームに出会い、上手い感じに時間進める満足感を得るしかないのかな

ガンダム00が10周年

時間の流れを感じる瞬間やきっかけというのは、人それぞれであると思う。

オタクなら、自分の好きな作品が放送〇〇周年というものだが、正直最近まで笑い飛ばしていた。最近までは

 

そんな、今年ガンダム00が10周年と聞いてビビったオタクの、10年間思い出話

 

f:id:ai00914:20171007005846j:plain

 

機動戦士ガンダム00

今回衝動的にブログを書き出してしまったくらいに、自分の中に残っている作品

気持ち悪い事を言うと、好きとか最高ではなくて、本当にずっと心に残るような

 

ガンダムX以来にテレビで見られるガンダムという事で

めちゃくちゃに気合いが入っていた(秋田県は∀もSEEDも無縁だった)

 

2007年秋はヱヴァ序もあったり色々楽しかったな…

 

明るくない第一印象

何故か今でも鮮明に覚えている1話放送時期の思い出

前日のMステにOPを歌うラルクが出演し、それを一緒に麻雀してた友達と見ながら、何か辛気臭いねーなんて笑っていた

 

実際、前作のSEED2作がカッコ良さの面ではちょっと突き抜けてたので、00は何か地味という印象がずっと付き纏う事に

 

1話も機体が活躍してるのに、垢抜けきれてないなーなんて感想を持っていた思い出

 

f:id:ai00914:20171007010006j:plain

戦闘シーンが好き!

そんなノリ切れていない頃は、専ら戦闘シーンが目当てだった。

 

とにかくカッコいい。短くても、ガンダム・量産機関係なくちゃんとそれぞれ目立つ機体がいる

プラモの説明で載ってたギミックも全部使う勢い!

そんな戦闘シーンが大好きでして、しかもプラモ発売日が近い機体を目立たせる

そんな構成で、見事にバンダイの手のひらの上で踊らされる始末。楽しかったな

 

プラモが楽しい

00のプラモデル発売スケジュールは中々のペースで

月に新作2~3個発売という、初めて味わう急展開!(SEEDでも月1だったような)

 

おかげで、プラモ的には00一色!2期に入ってからは、出荷日に買うようになり

あの、リアルタイムでアニメとプラモを追いかける感覚が今でも忘れられない。本当に楽しかったな

 

出来については今更言うことではないですね。この頃、クリアパーツに塗装する事を覚え

クリアパーツ大好きオタクになりました…

 

f:id:ai00914:20171007010053j:plain

大好きなアニメなっていた00

最初、辛気臭いなーなんて書いていたアニメ本編。1期終盤にはめちゃくちゃ好きになっていました。

叩かれる部分も十二分に解る。だけど、それ以上に好きなんだよね!といった感じ

 

1期2クール目でスローネが登場し、CB壊滅までの展開

2期OPの始まった感!と停滞を感じつつ、色々思うところがありつつの完走した感

一つの作品を好きになるって、こんな紆余曲折に似た気持ちの場合もあるんだなと学べた20代前半

 

確かに叩かれる部分も理解出来るけど、それ以上に好きなんだよね!って思えるのが

本当に好きな作品なのかもなーって

 

UVERworldの『儚くも永久のカナシ』を聞くと、今でも鮮明に2008年秋~冬が思い出されるし 

本当に、2期1話のワクワクは嘘じゃなかった!

 

気付いたら劇場版ですよ

2期最終話前に、バレで劇場版予定と何度か見た

正直嘘だと思っていた。好きだけど00で映画はないでしょ~~っと

そんな中に迎える2期最終回。劇場版マジでした。

何やんの???と思う中、近付く公開日。

(予告編が出る度にワックワクだった)

 

実際に劇場でELSを見た時は、パニックムービー感あったり

個人的に好きなアンドレイが死んでしまったり、ラファエルが序盤で退場したり、波乱万丈過ぎた劇場版00

でも、クアンタが出撃して以降のサバーニャ、ハルート、ブレイヴの活躍が光る終盤

初見でちょっと笑ってしまったメタル刹那のラストシーン

 

そんな全部が好きな映画で、00の完結編としてはありかなーと

正直、来たるべき対話云々については舞台装置で、描かれる事はないと思っていたから

正に劇場版は驚きだった

 

俺達がガンダム

最初、TV1期でこのセリフを聞いた時は笑っていました。

でも、刹那のバックボーンとか本編の経験を見た上でならこれ以上の台詞ってないと思うんですよね

 

むしろ、映画まで見た後ならちょっとした感慨深さすら覚える始末

イナクトの公開イベントにエクシアが乱入した日から、こんなにも遠くに来たんだなって

 

やっぱり、ネタ要素抜きにガンダム00はこの台詞が全てだと思う

 

f:id:ai00914:20171007010229j:plain

 

おわりに

昨日が1期1話放送日だと言う、Twitter公式アカウントの告知を見て知る

何だかんだで10周年。そりゃ歳も感じてしまう(笑)

でも、10年経ってもこうやって勢いで記事を書けるくらい熱を持った作品だった。

 

ちょうど今くらいの秋の、暖かかったり肌寒いような中で

アニメ見て、プラモ作ってとしていた時間は大切な思い出なんだと思う

 

そんな作品になっていた事が嬉しい