すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

獄門島 -読書感想

f:id:ai00914:20170815223114j:plain

ジャンル:ミステリー

 

感想

金田一耕助シリーズに初めて触れる

 

島を舞台に発生する3つの殺人事件もだが

その島を取り仕切る鬼頭家の本家・分家騒動

どこか閉鎖的な集落の雰囲気と、既にどこか

嫌な感じ

 

文章や台詞回しにはさすがに時代を感じるが

わりとすぐ慣れる。むしろ、それが独特な

リズムを生むようにすら感じる

 

3つの殺人事件はどこか奇怪。自分なりに

推理を試みるが、筆者が用意した甘い罠に

気持ちいいくらいに引っ掛かってしまった

(ここで推理を断念する)

 

そして、犯人と真相を知った時の気持ちは

解説でも触れられているが、妙な爽やかすら

感じられるという不思議な経験をする。

 

しかし、事件の根底にある島と特殊な環境や

それ故の人間の情念などは、混ざり合った

ドロドロしたような印象は強烈だった。

 

[おわりに]

初めて読んだ金田一耕助の活躍

確かに少々変人めいており、島の巡査さんが

勘違いを起こすのも、ある意味で納得

 

しかし、推理の際に魅せるキレッキレの姿は

正直カッコよかった。

 

時代設定が戦前と戦後を挟んでいる事すら

初めて知るにわかだけど、とても面白かった

シリーズの中に名前だけ知っているものが

幾つかあるから、それらを今後は読み進めて

いきたいなーと思う

 

 

 

2Darkプレイ日記-第4の事件 -ゲーム感想

さすがにサイコな連中と3回も戯れると

次はどんな奴が飛び出してくるのか?

そんな楽しみが出てくるこの頃

 

そんな中、見つけたデリのチラシを確認

人肉調理を囁かにアピールする内容が光る

マジ…???

 


f:id:ai00914:20170814155041j:image

[ようこそカニバリハウス]

今回の現場は、どうやら二階建ての民家

とりあえず庭を散策を…と思ったら串刺しに

あえなく、デス1を記録

 

[建築条例を何とかしろ]

住宅へ侵入し調査開始、意味深な鍋を発見し

同じ意味深な暖炉の上に置く…すると

隠し扉が開き、奥に広大な施設が現れる

 

この街の建築事情はどうなっているんだ…

隠し扉、地下室、串刺トラップ、床ノコギリ

どれも既に複数回出会っている設備

こんなホットな住環境に視界がグニャる

 

[闇に紛れる]

潜入後、見つかり何度も追い回される

そんな繰り返しの中、攻略する上での

重要なアクションに気づく(絶望的に遅い)

 

暗闇に紛れるという事だ

室内の暗がり、明かりを消した部屋

そこに自分も明かりを消して潜む

すると、敵が明かりを持っていない場合

難なくやり過ごす事も、すり足移動も出来る

(何故か正確にこちらを見つけ殴ってくる

奴もいる!)

 

前回の声出し誘導もそうだけれど

こうやって遊びながら、その有用性に

気付く瞬間が嬉しい

 

[大人の工場見学]

隠し扉を抜け、食肉工場に至る道は中々地獄

出来立ての人肉料理を囲む団欒サイコ

工場中に捕らわれた子供を連れ出せば始まる

豚頭男とのラララ鬼ごっこ(2回もあった!)

 

[おわりに]

今回でカニバリズムまで登場したこのゲーム

 

各ステージへの移動はスミス氏の部屋にある

壁掛け地図から行うんだけど、その地図が

どんどんサイコに染まっていく

 

ゲーム内容は過激に一直線なのに

プレイは自分自身の上達により、快適になる

 

そんな相反する矛盾を抱えながら

カニバリズムハウスから帰宅したら

スミス氏の部屋がめちゃくちゃになっていた

地獄は続くょ

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

 

噂 -読書感想

 

f:id:ai00914:20170815222921j:plain

ジャンル:ミステリー

新作の香水を売り出すプロモーションとして

少女の足首を切断するレインコートを着た男

レインマンの噂が流される

 

その甲斐あって、商品はヒットするが

噂の中の存在でしかなかったレインマン

実際に現れ殺人事件を起こしていく

 

感想

殺人鬼の噂の噂を創作し流布したところ

実際に、それが現れて事件を起こし始めた。

という、とてもワクワクする内容

 

勿論、ホラーでなくミステリーなので

犯人はちゃんと人間。

 

本書の初刊は2001年。本文中にも登場する

iモードが普及し始めた頃の空気が感じられ

懐かしさを覚える。

 

聞き込み等の地道な操作と分析を積み重ね

うわさを範囲を特定、じりじり狭めていき

その元凶に迫る過程の面白さは、噂という

題材ならでは

 

また、主人公の小暮刑事は妻を事故で失い

娘との2人暮らし。親子の会話シーンが

ちょくちょく挿入されるが、是非ここは

読み飛ばさずにして欲しい

 

[犯人について]

正直、そこに着地するのかーという印象

この辺りには個人的にはあまりドラマ性を

感じなかった。しかし、動機については

本作の事件を思うと◎

 

[おわりに] 

捜査本部の方針とぶつかりながらも

主人公コンビが、事件の背後に流れている

噂に気付き、犯人に辿り着く。

その過程を楽しむものだったかなーと

思っていると、最後の最後にガツンと

やられてしまった。あの終わりはずるい

2Dark プレイ日記-第3の事件+α -ゲーム感想

前回攻略した第3ステージ

その補足と色々

 

例によって誘拐された子供を救出するため

単身、やばい病院に乗り込むスミス元刑事

 


f:id:ai00914:20170814125133j:image

 

厳戒態勢の地上施設をくぐり抜けた先には

徘徊する異形、毒ガス、絶賛稼働中の解剖室

そんなワンダーランドでした


f:id:ai00914:20170814125340j:image

 

[悲しき異形さん]

この地下を闊歩する異形の方々

悲しき事に、あまり頭が良くなく

こちらの誘導に引っ掛かりまくってしまう

  • 部屋に閉じ込める
  • 毒ガス部屋におびき寄せる

といった方法で簡単に無力化…

カナシイネ

 

[マッドな医者-知性]

今回の主犯

運営するホスピスを隠れ蓑とし

子供を解体して臓器売買や実験をしてた模様

だがその割にあまり切れ者のように見えない

 

スミス元刑事が解剖室に毒ガスを注入し

それに慌てて飛び出てくる姿が忘れられない

(そもそもなんで毒ガスが流れる構造にした)

 

その上、銃持ちとはいえ、こちらも簡単に

誘導に引っ掛かり、部屋に捕獲できる始末…


f:id:ai00914:20170814142241j:image

院内で流れる洗脳映像

部外者に見られたら1発アウトな映像にも

顔を出し、注意を喚起する熱い職業人

 

[おわりに]

ステージ3はこれまでに比べて警戒が厳しく

もはやこれまでかとも思ったが

何とかクリア。試行錯誤して探索する面白さ

それを改めて感じた。

 

また、臓器や手足、未来の機械といった

よく分からない入手アイテムもあり

何かやり残した事があるのでは?という

不安が晴れない

 

[意外な場所]
f:id:ai00914:20170814143033j:image

ステージ終了後、酒場に呼び出される

各ステージと自宅以外にもこんな場所が 

用意されている事が何だか意外だった

 

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

 

 

ai00914-suici.hatenablog.com

 

ライアーズ・ポーカー -読書感想

 

f:id:ai00914:20170808215818j:plain

ジャンル:ノンフィクション

1980年代末、ソロモン・ブラザーズ

隆盛を、元社員である筆者自身の職場経験と

社外内の情勢から描く。

 

感想

米国ウォール街の大手金融機関の中では

どんな仕事がされているのだろう?

という興味や疑問に対して、本書を読むと

やんわりとした回答を得られる

 

投資家のお金を扱い事の大切さ

職場への忠誠心を持つ事の大切さ

そういった事を本書は全力で捨て去る

 

ただ求めるのは自分のボーナスだけ!

給料良ければライバル社にも余裕の転職!

そんなギラギラした世界の一端を見る

 

ノンフィクションであるにも関わらず

浮世離れし過ぎて、もはや小説の世界に

片足を突っ込んでいる感すらある

 

筆者のユーモア溢れる文章も手伝い

全体的に面白おかしく読む事が出来る

 

特に、入社直後の研修生時代に

次々に登場する、緩やかにどこか狂っている

強烈な個性を放つソロモン社員達との場面が

特に印象に残る

 

[おわりに]

モーゲージ証券、ジャンクボンドなど

新手の債権と金が飛び交うようになった

1980年代末のウォール街の情勢を含む

その内容は興味深い

 

また、それにソロモン内部の狂騒の日々を

加味したところが本書の魅力であると想う

 

専門用語等については随時説明もあり親切

文庫サイズにしては少し厚めだが、内容の

面白さはオススメしたい

 

密室殺人ゲーム 大手飛車取り -読書感想

f:id:ai00914:20170808215511j:plain

 

ジャンル:ミステリー

ネットの仲間内で、1人が殺人事件の

トリックを出題し、他が推理をするゲームが

行われている。他の推理ゲームと違うのは

その殺人が実際に行われているという事だ

 

 

感想

ネットで推理ゲームとか現代では

よくありそうな題材かと思いきや

本作は出題者が実際に人を殺しトリックを

用意して出題するという実地的なクールさに溢れている

 

本作で登場する殺人事件は、ゲームであり

それ以上でもそれ以下でもない

よって、被害者の命の扱いとか選定理由とか

物凄く軽い。←ここで人を選びそう

 

しかし、だからと言って事件がおふざけかと

言えば、そうではない

  • 法則と、見立て殺人
  • バラバラ殺人
  • 時刻表トリック
  • 密室殺人
  • ちょっと科学知識が必要な遊び

と列挙するだけでも見どころはあり

一つ一つの事件はきちんと面白いのがスゴい

 

最初はそんなゲームノリの登場人物達に

「ちょっと、こいつら…」

みたいな気持ちになったが、慣れると

その軽快なやりとりと楽しくなってくる

 

まぁ実際人が死んでいるんだけどねw

↑こんなノリである

 

[おわりに]

本作は続刊も発売されており、それを承知で

購入したのだが

「えっ、こっからどう次に繋がんの?」

と素で思ってしまった終盤の展開も見所か

 

あくまで個人的な印象だけれど、

頭狂人(本作の主役的なキャラ。勿論HN)は

アスペルガーじゃないかと思った。

Wake Up Girls! 4th LIVE TOUR 「ごめんねばっかり言ってごめんね!」仙台公演 -ライブ感想

8月5日開催 WUGちゃんツアー仙台公演に

参加してきました。

 

仙台公演に行くのも4年目

もはや、夏の風物詩となってきたところ

 

今回はまだツアーの途中なので、これからの

ネタバレにならない範囲での感想を

 

思い出と忘備録

会場は昨年と同じ、仙台サンプラザ

なので、余裕ぶっこいていたら

開演5分前に駆け込む事態になり焦るオタク

 

[違うユニットのライブに来た感覚]

これが個人的に今回1番感じた事かも

知れない

 

去年のツアーもセトリを工夫してたけど

今年はそれ以上に意欲的なセトリに思う

 

定番曲も勿論あるんだけど、最近増えた

タイアップ曲(アニメWUG外の曲)や

初めて聞く新曲が中心に据えられたセトリは

もはや、新鮮を通り越し、ご新規気分に(笑)

 

ツアー参加は4回目だけれど、今回が1番

「変化」というものを感じる

 

[やっぱWake Up Girls!だなー]

終演後、真っ先に出た気持ちでした。

 

違うユニットのライブに来たとか言って

結局この感想に落ち着くのが何ともオタク

 

曲や衣装、あとちょっと雰囲気も変わった感

でも、やっぱりライブはちゃんとWUGライブ

もはや実家のよう(笑)

 

さすがにマンネリを覚えそうな4年目に

新しい新鮮な気持ちを持ち帰られるってのも

何か嬉しい

 

[以下、雑感]
  • 1stのキャラソンメドレーがとても良かった。仙台公演での青山奥野永野さんのキャラソンは、1stツアー千秋楽を思い出す
  • コールに、まさかの\オレモー!/が定着しつつあって笑う。個人的に結構型がガチガチだと思っていたWUGライブコールでこの展開は予想外過ぎた面白
  • 『地下鉄ラビリンス』がめっちゃ楽しかった!『極上スマイル』はもはや貫禄すらある
  • 新章OPがめっちゃポップな曲でビビる
  • 新衣装が可愛い
  • 仙台サンプラザの三階席最前は飛ぶのも命懸け
  • WUGちゃんとRGRちゃんがまだ顔合わせもしてないとマジ?

 

[おわりに]

今回は、前日のTIFではしゃぎ過ぎたせいか

体ボロボロのコンディションだった仙台公演

 

なので、最初はたまに手を動かす地蔵状態

(地下鉄ラビリンスの時に、一気に復帰して

地下鉄ラビリンスがめっちゃ好きな

オタクみたいになる)

 

その時に思ったのが、WUGちゃんのライブは

普通に見てるだけでも楽しめるなーと

勿論、オタク補正入ってるからでもあるけど

そういう新しい発見が印象に残る

 

 

 

仙台遠征は今年も楽しかったけれど

どこか満喫し切れなかった部分もあるので

今年もう一回くらい行ってリベンジしたい…