床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

新鮮 THEどんでん返し 切り口の面白い短編に転がされる-読書感想

 

f:id:ai00914:20180201213601j:plain

 

ジャンル:ミステリー

ミステリ小説に期待する事は多々あれど、やっぱりどんでん返しは外せない

 

悲しいかな、最近週末は在宅が多く

長編を読むのが難しい中で本屋を徘徊したら発見

 

どんでん返しに特化した短編。

こういうのもあるのか(^人^)

 

感想

収録されている話の中で特に印象に残った3編を紹介

 

密室龍宮城

浦島太郎の世界観、龍宮城で殺人事件が起こるという、その時点で強烈な設定

浦島太郎以外の登場人物(魚)達は特殊な能力を持っていたりして

ミステリとして成立するのかと疑ってかかるが、これが綺麗などんでん返しをキメてくれる

 

勿論浦島太郎の物語としてのオチもしっかり回収し、おとぎ話×ミステリの可能性を感じてしまう…

 

筋肉事件/四人目の

本書の収録作で個人的に一番のヒット

 

雪で閉ざされた邸宅にて発生した殺人事件。

被害者の親族2人と第一発見者のメイドによるやりとりは

一見よくあるクローズドサークルもの的であるが

どんでん返しという言葉が正にぴったりなギミックと

読み進めながらそれに、ふっと気付いた時の驚きが素敵

 

短編なのにすごい、と素直に感心してしまった。

読んだ後に改めたて気付く、全編に組み込まれたギミックが心地よい

 

使い勝手のいい女

ホームセンターでアルバイトをする女性が主人公。

彼女の視点で語られる、年末に彼女と因縁持ちの人物達が次々に訪ねてきた出来事の記録

 

主人公を訪ねてくる人物が、現実にいそうなリアルに嫌な奴揃いな上、厄介事も運んでくるし

主人公自身の描写も手伝い、殺人の足音がとにかく聞こえてくる。そんなミステリ補正

 

そして、やってきたその瞬間…!とオチには

これまたいい意味でひっくり返されました。

 

 

どんでん返しと一言にしても、色んな種類、驚き、やり方があるんだなーと改めて知った一冊