床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

ボヘミアン・ラプソディを観た

残念ながらQueen世代じゃないオタクが見た感想です。

 

正直、直撃世代の人達を最高に羨ましく思った。

世代じゃないのに、最高に心に響いたライブがあった。

そんな映画

 

最高に贅沢な時間

世代じゃない僕でも耳にした事がある曲の多いQUEEN

そんな曲の制作過程を知れる事、そしてラストのウェンブリーでのライブシーンは贅沢としか感じられない

 

制作シーンでは、笑える感じの良い意味での軽いノリが楽しかったり、単純に興味深く

ちょっと険悪さも見られる中でも、曲が作られていく過程を垣間見られる事にドキドキしたり

一つのバンドの裏側的なものを見させて貰えたのが新鮮であり、本作の一つの心に残る引っ掛かりのように感じた。

 

そして、最大の目玉であるウェンブリーのライブシーン

本作の冒頭のシーンから続く、正に本編と言ってもいい場面にはとにかく圧倒された。

曲の良さは勿論、ライブで盛り上がる客の姿もそう。全てが心にグッと刺さる

 

僕は普段行くのはアイドルのライブで、一緒にすんな!って言われるかもしれないが、それでもライブの楽しさは知っているつもりだ。

それだけに、熱狂しまくる客の姿が印象的で、そんなライブを惜しみなく披露するこの場面が本当に印象的だ。

その中に混ざりたかったわ…

 

これはQueenの映画だ

本作は、フレディ・マーキュリーのストーリーが軸となり展開されていく

そんな意味ではフレディ・マーキュリーの映画なんだと思うけれど

にわかの僕は、それで終えるのは勿体なくてQueen全部の映画だと思うようになった。

 

個人的にQueenフレディ・マーキュリーみたいなイメージがあった中で、本作は他のメンバーのシーンや姿が印象的過ぎた。

 

ギターのブライアンは、特徴的な髪型に加え、バンドの良い纏め役

ドラムのロジャーは、女の子か!と思う様なビジュアルに我の強さ

ベースのジョンは、やるべき事が出来れば良い的な姿を魅せつつ、クールな振る舞い

 

これまでの、何となくなイメージでは到底思い得ない各メンバーの姿や言動、それらが新鮮でカッコいい

おまけにみんなヒット曲を作れる!

なんだそれすごいな!と思いっぱなしのメンバーが熱い。和解のシーン良いよ…

 

世代じゃないから憎い

本作のQueenの立ち上がけから、色んな問題が突っ込まれていて僕は正直情報過多になってしまった。

そんな色々を積み重ねてのラストのライブシーンがあるだけに、その境地に辿り着けなかったのが正直悲しい

 

多分、ネットで調べて単純な予習をするのではなく、その当時の本当の空気を知らないと分からない

そんな超えられない壁を感じだ。

 

恐らく本作を観ているであろう父と感想を言い合う楽しみは出来たが、正直リアル世代の人達ずる過ぎでしょ