床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

映画感想-『カメラを止めるな!』※ネタバレ普通にあり

最近話題となっている作品

 

何となく気になっていたし、面白そうだけど好評過ぎて逆にアレだし

盗作騒動も持ち上がってるしな…

 

そんな感じでひどく斜めに構えていたけど、1日1100円デーに乗せられて見てきました!


f:id:ai00914:20180904225051j:image

 

基本ネタバレ禁止なタイプの作品なんだけれど、それだと感想が何も書けないので

普通にネタバレありの記事になります。

 

正直めちゃくちゃ面白かった。

 

全てが綺麗に覆る気持ち良さ

あらすじやポスター等を見て、てっきりホラータイプのモキュメンタリー映画だと思っていた僕

なので、そんな感じで進んでいく中盤までは

「ちょっと期待し過ぎたかなー」

なんて気分でした。

 

しかし、それはあくまで壮大な前フリ。

まさにこの映画は二度始まる。

 

メタ過ぎるメタが炸裂するコメディ

本作を大雑把に言えば、ドキュメンタリーちっくなコメディになるんだろうか

そんなジャンル分けすら無粋か

 

前半で流した劇中作品を撮影している間、裏ではこんな壮絶お笑い現場でした。

というのを、個性強い登場人者達と共に、テンポ良くめちゃくちゃ面白く描いている

 

その過程で、前半部分で気になっていた点が、後半に全部綺麗に回収されるのがすごい

個人的には

  • 冒頭で主演の2人にキレる監督のイカレ具合
  • 長尺でヒロインの叫び顔が延々と流れるシーン
  • 「ちょっと…!」と言いながら、いきなり急にいなくなるスタッフ
  • なぜか横倒しのまま起き上がらないカメラ

他にも多々あった、見ていて「おかしくない?」となっていた部分が

次々に回収されていく様は清々しさすら覚える始末

 

この伏線的なものの回収具合はマジで気持ち良いです。

しかも、?と思う程に最高に笑える

 

ガチだから生まれる面白さ

ゾンビ専門チャンネルを作ったから、そのこけら落とし用に

生放送1時間カメラ回しっぱなしのドラマ枠作ったわー。よろしく

そんな前提の中で、監督を主軸に進んでいくこのストーリー

作中では、勿論みんなマジなんだけれど、だからこそ、ちょっとセンチメンタルになったり

次々に起こるトラブルが面白い。何しろ生放送で、下手したら放送中止だからね!

 

そんな四苦八苦する現場と、その笑いの中に垣間見える、本気の映像作りがカッコ良くもあり

僕がまだまだ進路選べる歳で、これ見てたら映像業界に影響されてたなぁと思持ってしまった。

 

最初見てて、こいつキ〇ガイかよと思った監督のダメ出しも

この制作過程を見れば、本当に心の底から出た感があって最高に面白いぜ

むしろ大好きになる

 

おわりに

そんなこんなで、最初の斜めに構えた態度はどこへ行ったのか。

すごい満足度で劇場を出る。

 

何というか、後半のネタばらしパートに入ってから

昭和かよ!ってくらい劇場内が笑いに溢れていて、そういう意味でも貴重な経験だった。

僕自身、そんなに映画を見る方でないから、映画ってこんなやり方もあるんだなーと

 

それだけのパワーや躍動感が、映像から溢れてて、楽しかった。

 

今から見に行くと、何か周りに乗せられたみたいで悔しい

そんな風に思われた人も、とりあえず行って見て欲しいなぁと

実際乗せられたのだとしても、その意味はある映画だと思うな。

 

注意点としては、前半は手持ちカメラの映像で進んでいくので

FPSのような、一人称視点ゲームが苦手な人はもしかしたら酔ってしまうかもしれない

僕も酔いかけてしまった。

 

また、盗作騒動については

初期の頃は、元となった作品の方も好意的であったし

その後の対応をミスったんじゃないかな、というのが個人的な見方です。

 

 

劇場で見終わった後に、気になった秋山ゆずきさんをフォローしたら、いいねが来る

こういうのアイドルだけかと思ってたから、普通に驚くアイドルオタクだ


f:id:ai00914:20180904223923j:image