床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

仮面ライダービルド22話・23話の感想。めっちゃ面白い!

先週は連休という事もあり、アイドルさんのライブに入り浸ってしまっていたので

今更ながら、先週分と併せて今週のビルドを見る。

 

でも、録画を見てて思ったけど、この2回を続けて見られたのは悪く無かったんじゃないかと

 

感想

 22話と23話一緒に載せます。

 

22話
ライダーファイトReady〜Go!

ビルドとグリスのガチンコ対決

北都と西都のボトルも使い多彩な攻撃をするビルドに対して

とにかく己の力だけで戦うグリスの姿が対象的。心火を燃やすのは伊達じゃない

 

戦兎は東都を守りたい、ハザードフォームの暴走で1人殺めている

猿渡は仲間の生活を守りたい、ハザードフォームの暴走で仲間を失っている

 

そんな、多分普通に話し合っても交わらない2人にはこの拳で語り合う形式が一番なのかなーと

 

あと、単純に戦闘シーンが面白かった。

 

戦兎の覚悟と万丈龍我という主人公

ハザードフォームで暴走したら、自分を消すスイッチを渡しす戦兎の覚悟が良い…お前主人公かよ…

 

そして、いざハザードフォームが暴走!という場面で分かっていてもちゃんと止めにくる

オマケに何かスクラッシュドライバーの力をモノにした上で

しっかり役目を果たす、そんな万丈の主人公っぷりが凄かった…

 

今回の話は戦闘シーンがメインなだけあって、画面も色々凝っていて良かった。

これで戦争は終わりかと思っていたら、スタークてめぇ!的な展開

 

23話
血で血を争う日曜午前

北都との戦争が終わったぜ!と思ったら、西都との戦争が始まったよ

何この内戦アワー

 

アイドルオタク猿渡一海29歳独身

みーたんに話し掛ける前後のリアクション含めシンパシーの塊だ…

みーたんの運営は極悪運営

それを平気で受け入れる猿渡はTOか…

 

結構リアルな特典会のやり取りがされてたけど

そういうのが盛り込まれても普通な時代になってきたのかなぁ

と思うアイドルオタク

 

西都は修羅の国

100%偏見なんだけど、一番戦闘民族度が高い気がする

ギアとコントローラーの2人の服装とか、生身の猿渡に必殺技ダイレクトアタックしようとする辺りとか

 

もう東京から西に行けない

 

ライダー達の絆

これが今回熱くてどこか辛かったところ

拳でやり合っただけにちゃんと、絆的なものが生まれている熱い

 

戦時下という状況の中、猿渡達を援護しようとする戦兎達と

しっかりとそれを頼りにしてる猿渡達の関係が何か良い…

 

仮面ライダーグリスの行方

正直、グリスはビルドとの頂上対決を以て退場なのかなーと思っていた。

それがそうとはいかなくなった今週の事態

 

単独行動とった黄色が悪いよなーとは思いつつ、その気持ちは分かるし

彼もまた猿渡の心に刻みつけるように散っていく

 

ほんの、10数分前にアイドルオタクしてたんですよ彼!

とは思えないくらいに重い展開に巻き込まれる猿渡どうなってんの…

 

俺たちの猿渡ファームの看板が、本当に自家農家っぽくて泣けるわ

 

仮面ライダーローグ

とにかく強い

そして、シンプルで印象的な姿🐊🐊🐊

 

めっちゃカッコいい

しかも、多分悪い奴だ!

龍騎で王蛇が一番好きだった心が上がる

 

しかし、幻徳さん。

その急な振る舞いや話し方、絶対途中で〇られたでしょ…みたいな闇を感じる

 

予告を見ると中々ハードそうだ!

日曜午前の番組だ!

 

 

おわりに

今回は連続で見られたのが良かったけど、やっぱりちゃんと毎週見なきゃ!

仮面ライダービルド面白いっすねぇ。

ていうか、普通に重い。僕は録画勢だけど、リアタイ勢はちゃんと日曜過ごせてるのか心配になる(笑)

 

個人的に

生き残った3羽ガラスの赤は、ライダーとかに変身しないで

共に戦う怪人っていうポジションのまま、最終回まで生き残って欲しいなぁ。

エピローグで頭と一緒に、俺たちの猿渡ファームに帰る姿が見たいよ