床が友達

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

『楽園のカンヴァス』 ミステリー×美術はめちゃくちゃ面白い -読書感想

 

ジャンル:ミステリー、美術

自分が全く触れて来なかった分野について、本を読む事で興味が広がるという事は

ありふれているかもしれないが、実際体感出来ると、世界が広がったようで何か嬉しい。

 

感想

とある大物コレクターが所有していたルソーの未発表の絵画を巡り、対決をする2人のルソー研究者のストーリー

美術関係の知識がなくても十分過ぎるくらいに面白かったし、その世界に触れる良いきっかけになった感すらある

 

作品の真贋を巡る

 本作のミステリー要素は、ルソーの未発表作品が本物なのか偽物なのか、この作品の由来は何なのか、というところ

 

それを突き止める度に、登場人物間で交わされる会話や知識の応酬が、単純に興味深くとても面白いし

「ミステリ小説を読むつもりでいたら、美術系の書籍を読んでいた?」と錯覚してしまう事もしばしば

 

美術の世界に触れる

本筋である、絵画の真贋を突き止めるにも色々な角度からの考察があり、そのやり取りや研究方法は

ちゃんと学問のそれであり、研究分野としての美術というのかな

今まで学校で触れていた美術とは、違う段階にある美術の世界がとにかく新鮮だった!

 

そして、作品を鑑賞する視点の一つに、その画家の人生を通して見つめるという見方がある事を知った。

本作はこの見方を通して、小説としての面白さも発揮しつつ、どこか感傷的なところがあるのが素敵だ

 

おわりに

僕は今まで美術関係に興味がなく、本作で登場する有名な絵画のタイトルを見ても、それが思い浮かばないレベル

そんな僕でも本作を通して触れる、キュレーターという職務や美術館の運営、現代の美術研究の世界はとても面白かった。

 

ミステリ小説といっても、別に人が死ななくても、刑事事件が発生しなくても十分成り立つし面白い

そんなある意味当たり前の事を再認識出来た。

 

本作に登場する絵画を纏めたサイトもあったので、読む際はそちらもチェックするのを薦めます。