まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

『連続殺人鬼 カエル男』カエルが運んできた暴力と問い掛け -読書感想

f:id:ai00914:20170703211241j:plain

 

内容紹介

ジャンル:ミステリー

連続殺人鬼カエル男による無秩序な猟奇殺人と、それに翻弄される警察。

やがて、狂気は街全体を包んでいく

 

感想

先日、本屋を歩いていたら、本作が平積みになっているのを発見して驚く。

「?」と思っていると、帯に何やらテレビで紹介されたらしい。

どんな紹介がされたかは見ていないから分からないが、すごい事するなと思った。

 

パッと目を引くイラストの表紙

しかし、その中にある物語は中々の地獄。

 

得体の知れない狂気

本作の序盤~中盤はまさにカエル男のターン。一向に捜査に進展のないまま積み上げられていく死体

通り魔殺人など、珍しくもなくなってしまった現代。だからこそ通ずる、得体の知れない不気味さがあった。

 カエル男による猟奇的な連続殺人だけでも、十分にインパクトがある。

しかし、そこだけで終わらないところに、本作が只のサイコミステリーでない由縁がある

 

一つの問い掛け

中盤~終盤に掛けてされる、一つの問題提起

多分、ニュース等で誰しも1度は思った事がある疑問。

それが中核に組み込まれるようなり、読み進める内に自然と、考えざるを得なくなる

 

ただ、サイコな殺人鬼が人を殺しまくるだけの本じゃないんです。

 

気になった点
  • 暴力・虐待描写のエグさや、主人公の戦う場面が多いところ
  • よく出来ているが、やや強引感もあるトリック

 

おわりに 

解説にあったが、カエル男というのは出版する際にタイトルを変更したもので

本作の原題は、『災厄の季節』というらしい

 

本作の内容は正にそんな原題を反映する。

正直、最後まで読んでもあまり気分は晴れないけれど、その終りがひどく似合う

 

 

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)