まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

2Darkプレイ日記-第6の事件・後編-ゲーム感想

最終ステージに突入した前回

サイコな1階スタッフを死の穴へ招待し

2階へ到達しました。 

 

[ようこそ闇の学校へ]

これまで獲得した資料を合間合間で読む

どうやら、ここは孤児院の皮を被った

犯罪者養成学校として運営されている模様

このゲームらしい痛烈な展開…

 

そんな沈みかけた気分で2階へ突入

そして、目撃してしまう熱烈な教育現場
f:id:ai00914:20170830124651j:image

闇宗教は必修科目の模様
 

[熱血指導を規制する]

この怪しげなローブの人達。体罰だけでなく

子供の部屋に入り浸り監視など、色々と

熱心過ぎるので、ここまで磨いてきた

空き部屋閉じ込めトラップで、サクッと封印

 

f:id:ai00914:20170830124718j:image

悔しさに叫ぶ連中を見て吸うタバコは美味い

 

[続感動の再会]

いよいよ3階に突入

何か話ながら廊下を歩いてくる、スミス氏の

闇堕ちチルドレンを確認

 

さっきは銃殺されたけど、スミス氏の子供を手に掛けるのは、何だか気が引ける…

部屋に閉じ込め無力化を図る
f:id:ai00914:20170830124740j:image

拍子抜けするくらい簡単にゲットしてしまう

暗がりに潜み、タイミング良くアメを投げて

おびき寄せる方法に爆釣り

 

この2人、ここ出てもサイコが闊歩する

この街じゃ、とても生きていけないわぁ…

 

[毒ガスの有効な使い方]

本孤児院も、この街のご多分に漏れず

おかしな設備が取り付けられている。

何故か、執務室の隣りに毒ガスルームがある
f:id:ai00914:20170830124758j:image

スミス氏の子供を誘拐し、今回の色々な主犯

車椅子で自由に動けない上に、その椅子から

落下した状態でスミス氏と対面する。

 

相手は自由に動けない、隣りは毒ガスルーム

しかも、自分の子供の誘拐犯

部屋に運び入れ、毒ガスのスイッチを入れた

その感覚が忘れられない(^人^)

 

[おわりに]

最終ステージだけあり、ボリュームがあった

今回は仕掛け的な物は少なかったけど

対人用のスキルが大いに問われた気がする

 

1階をクリーンしたので、救出活動は楽

その反面、スリル的な面白さを自分で削いで

しまった感も否めず

 

今回の主犯について

これまでで1番お前何がしたいんだ…と思う

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com