まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

2Darkプレイ日記-第6の事件・前編 -ゲーム感想

地下でソルジャーや犬と戯れ帰宅のスミス氏

前回荒らされた家も、いつの間にか元通り

(テレビはカラーテレビにランクアップ)


f:id:ai00914:20170825155530j:image

 

最近お馴染みの酒場へ行き、情報収集をし

いよいよ最後の目的地が見えた

(酒場の白黒テレビに優越感を得る)


f:id:ai00914:20170825155548j:image

 
グルーミーウッド孤児院]

最終ステージの舞台は孤児院

ここまでくぐり抜けてきたサイコ達の大元が

孤児院という黒過ぎる展開。本当にブレない


f:id:ai00914:20170825155916j:image

庭と地下室付の3階建の屋敷という

最後にふさわしいボリュームを誇る

 

[感動の再会]

いつものように散策を始めたところ

罠に掛かり捕まってしまった


f:id:ai00914:20170829141937j:image

そこへ現れる、誘拐されたスミス氏の子供達

 

こんなサイコが蔓延する街で生き残っていた

そんな喜びのつかの間、自分の子供に

射殺されてしまうスミス氏。

 

何やら間違った記憶を吹き込まれている様で

すごく嫌なスタートを切る

 

[まともな人間がいない]

仕切り直して、再スタート

 

  • やたらと草木を労る庭師?
  • 明らかに体に悪い雨を作る調理師?
  • スミス氏が待ち遠しくて仕方ない一階のサイコ達
  • ガチの殺し屋さん

そんな連中ひしめく庭、地下室、一階を駆け

何気なく入った部屋で待ち受ける、この洗礼

f:id:ai00914:20170829142437j:image

転落死は、本当にいきなりなので結構ビビる

 

[人間を呑む穴]

一階エリアは敵も多く、よく動き回っている

そのため、行動が中々難しい

そんな時に、先ほど開けた穴が目に付いた

 

本作はステージ中、イベント以外で敵を

殺めるとリザルト画面でマイナス評価が付く

しかし、それはスミス氏が手を下した時のみ

敵が「偶然」トラップに掛かった場合は

ノーカン。トラップまで誘導した場合でもだ

 

それを利用して、ひたすら敵を誘き出し

ひたすら穴底にご招待した。

ふと、気付けば誰もいなくなっていた。


f:id:ai00914:20170829142544j:image
何人もの敵が落下していった狂気の穴

 

攻略的には邪道感があった思うものの

正直、敵をどんどん落とし穴に誘い込むのが

楽しくて仕方なかった…

 

スミス氏はとうとう狂気に触れ始めていた。

 

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com