まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

獄門島 -読書感想

f:id:ai00914:20170815223114j:plain

ジャンル:ミステリー

 

感想

金田一耕助シリーズに初めて触れる

 

島を舞台に発生する3つの殺人事件もだが

その島を取り仕切る鬼頭家の本家・分家騒動

どこか閉鎖的な集落の雰囲気と、既にどこか

嫌な感じ

 

文章や台詞回しにはさすがに時代を感じるが

わりとすぐ慣れる。むしろ、それが独特な

リズムを生むようにすら感じる

 

3つの殺人事件はどこか奇怪。自分なりに

推理を試みるが、筆者が用意した甘い罠に

気持ちいいくらいに引っ掛かってしまった

(ここで推理を断念する)

 

そして、犯人と真相を知った時の気持ちは

解説でも触れられているが、妙な爽やかすら

感じられるという不思議な経験をする。

 

しかし、事件の根底にある島と特殊な環境や

それ故の人間の情念などは、混ざり合った

ドロドロしたような印象は強烈だった。

 

[おわりに]

初めて読んだ金田一耕助の活躍

確かに少々変人めいており、島の巡査さんが

勘違いを起こすのも、ある意味で納得

 

しかし、推理の際に魅せるキレッキレの姿は

正直カッコよかった。

 

時代設定が戦前と戦後を挟んでいる事すら

初めて知るにわかだけど、とても面白かった

シリーズの中に名前だけ知っているものが

幾つかあるから、それらを今後は読み進めて

いきたいなーと思う