まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

2Darkプレイ日記-第4の事件 -ゲーム感想

さすがにサイコな連中と3回も戯れると

次はどんな奴が飛び出してくるのか?

そんな楽しみが出てくるこの頃

 

そんな中、見つけたデリのチラシを確認

人肉調理を囁かにアピールする内容が光る

マジ…???

 


f:id:ai00914:20170814155041j:image

[ようこそカニバリハウス]

今回の現場は、どうやら二階建ての民家

とりあえず庭を散策を…と思ったら串刺しに

あえなく、デス1を記録

 

[建築条例を何とかしろ]

住宅へ侵入し調査開始、意味深な鍋を発見し

同じ意味深な暖炉の上に置く…すると

隠し扉が開き、奥に広大な施設が現れる

 

この街の建築事情はどうなっているんだ…

隠し扉、地下室、串刺トラップ、床ノコギリ

どれも既に複数回出会っている設備

こんなホットな住環境に視界がグニャる

 

[闇に紛れる]

潜入後、見つかり何度も追い回される

そんな繰り返しの中、攻略する上での

重要なアクションに気づく(絶望的に遅い)

 

暗闇に紛れるという事だ

室内の暗がり、明かりを消した部屋

そこに自分も明かりを消して潜む

すると、敵が明かりを持っていない場合

難なくやり過ごす事も、すり足移動も出来る

(何故か正確にこちらを見つけ殴ってくる

奴もいる!)

 

前回の声出し誘導もそうだけれど

こうやって遊びながら、その有用性に

気付く瞬間が嬉しい

 

[大人の工場見学]

隠し扉を抜け、食肉工場に至る道は中々地獄

出来立ての人肉料理を囲む団欒サイコ

工場中に捕らわれた子供を連れ出せば始まる

豚頭男とのラララ鬼ごっこ(2回もあった!)

 

[おわりに]

今回でカニバリズムまで登場したこのゲーム

 

各ステージへの移動はスミス氏の部屋にある

壁掛け地図から行うんだけど、その地図が

どんどんサイコに染まっていく

 

ゲーム内容は過激に一直線なのに

プレイは自分自身の上達により、快適になる

 

そんな相反する矛盾を抱えながら

カニバリズムハウスから帰宅したら

スミス氏の部屋がめちゃくちゃになっていた

地獄は続くょ

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

 

 

ai00914-suici.hatenablog.com