すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

改訂完全版 占星術殺人事件 -読書感想

f:id:ai00914:20170803220410j:plain

 

 

ジャンル:ミステリー

 

今回も、よくオススメで挙がる作品を読む

何でも、トリックが秀逸との事

名探偵 御手洗潔シリーズの第1作目

そういえば、名探偵〇〇シリーズみたいな

ミステリ小説は初めて読む

 

感想

強烈な独白小説から始まる本作は

そこだけ読めば、サイコか???と身構える

 

しかし、そこから40年前の未解決事件が登場

御手洗と石岡クンが、40年前当時の状況を

検証しつつ推理していく様は、テレビでやる

未解決事件番組のようでもあり、好きな場面

 

そうやって、御手洗と一緒に読者へ事件の

基礎情報を提供したところで、話が進む

 

本作に登場する占星術殺人事件

  • 見立て
  • バラバラ殺人
  • 一家鏖殺
  • 密室
  • 雪の上の足跡
  • 不自然な連続殺人事件

パワー要素を詰め込みまくったかのような

事件で、もう興味が惹かれてならない

 

そして、話題のトリックの登場となるが

種明かしをされた今では、とても単純で

「なぜ気付かなかった???」となる

 

しかし、虚を突かれるとはこういう事なのか

何とも綺麗に敗北した気持ちになる

ネタバレとか踏まずに読めて良かった…

 

おわりに

本作は、内容の面白さもさる事ながら

占星術殺人事件の内容や、鮮やかなトリック

そして何よりも、探偵が独自に推理をして

事件を解決するという部分に、「良さ」を

覚えた。

 

と言うより、探偵物を読むのが初めてで

それが新鮮な体験だった。

 

御手洗潔シリーズ、オススメされている

3作目までは、とりあえず追って見ようと

思う。