まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

2Dark プレイ日記-第3の事件 -ゲーム感想

遊ぶ時間が中々取れなくて

間が空いてしまった2Dark

 

記事作成のリハビリも兼ねてぼちぼち再開を

 

感想

今回のステージは街の病院

何かどストレートにやばい場所に

来てしまった気がしてならない…

 

[じわりじわり上がる難易度]

今回遊んでいて、やけに難易度が上がったな

と感じる

  • 警備員の増量
  • 容赦なく噛み殺しに来る犬
  • やたら多い声の大きい看護婦
  • 一方通行のドア
  • 子供が鎖に繋がれている

と、取っ掛かりを掴むまで延々と死ぬ展開に

 

[殺人鬼に転職する元刑事]

そんなあまりの進展のなさに業を煮やし

 

出会う看護婦を片っ端からから暗殺

逃げられたら追いかけて刺す

そんな脳筋殺人鬼プレイに走る…

 

もはやどちらが悪なのか分からない

 

[立ち回りを見直す]

そんなプレイが何か悲しくなりリセット

改めて方法を探る

 

本作のアクションには

「調べる」「攻撃する」の他に

「声を出す」というものがあります。

 

試しに大声を出して敵を誘導してみたところ

効果は抜群だ

敵が大量に釣れる…その合間を駆け抜けて

資料漁りとアイテムをひたすら回収

 

誰も死なない世界に辿り着く

そんなステージ開始から1.5時間辺り

 

[やばい施設はやっぱりやばい]

この手のゲームでステージが病院と聞き

頭をよぎる数々のもの

  • マッドな医者
  • 怪しげな人体実験
  • 怪しげな地下室
  • ちょっと頭の弱いクリーチャー
  • 何かふわっとした洗脳

全部回収してくます!

なんてよく出来た病院なんだ…

 

[気づいた事 ステージ3]

ステージ3は難易度が上がるが

アイテムの配置とそれを使う場所の位置が

絶妙で、先へ進める楽しみが更に増す

 

また、声を使って誘導など隠れんぼゲームの

持ち味も自然と生かす事が出来て面白い

 

死に覚えゲーとしての側面はさらに強く

しかし、それを切り抜けた時のやったぜ感

楽しい

 

今回もバールを探して彷徨う羽目になったし

いい加減、スミス元刑事(現無職)は

バールも初期装備で持ち歩いてくれ

たのむ

 

 

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com

 

 

ai00914-suici.hatenablog.com

 

ai00914-suici.hatenablog.com

ai00914-suici.hatenablog.com