すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

怪談狩り 禍々しい家 -読者感想

f:id:ai00914:20170706220543j:plain

 

内容紹介とレビュー

ジャンル:ホラー

実話怪談集の第3弾

筆者が蒐集した家に纏わる怪談が

話掲載されている

また、一時期話題となった

山の牧場に関する後日談も収録

 

良かった点
  • 各話4~8P程の短編集なのでさくさく読める
  • 内容のバリエーションが豊富
  • 時期的に良い感じのホラー
  • 良くも悪くもある安定感

 

気になった点
  • 良くも悪くも、これまで通りの形式
  • ご愛嬌的な、さすがに作り話では?と思えるエピソード
  • 収録話数の割に全体的にさらっと流れる

 

感想

昨年の夏頃?に第1弾を手に取って以来

新刊が出る度に、何となく買ってしまう。

さくさく色んな話が読めるところが好き

 

いかにもな屋敷や事故物件から

一見普通のアパート・マンション、個人宅等

家に纏わる話が中心となっている

 

形式的には既にお馴染みとなった

蒐集した体験談を淡々と書き連ねるスタイル

 

家って、生きている間

生活してる時間だけでなく

死の時間も共有する場所だと改めて思う

 

[怪異について]

何となくおかしな現象から

実体を持って現れる・見えるもの

それに巻き込まれた人々まで、内容は多彩だ

 

個人的に気になった話は

  • 一家心中の家から覗く影
  • 怪異の屋敷から失踪した青年
  • 明かりを付けていないと出口が無くなってしまう部屋
  • 外国人の子供の例に溢れた旧施設
  • 前の住人が部屋に遺したビデオテープ

 

一応、家や土地といった括りはあるのに

これだけ怪異のバリエーションがある事に

改めて驚く

 

山の牧場

本書のもう一つの目玉

新耳袋でその存在が世に出てから

筆者による最新の訪問までが記載されている

 

この施設については、筆者も言うように

「特におかしくない、普通の施設なのに、話を盛っている」

という指摘があるのも事実

 

しかし、本作で語る様子は

やっぱり不気味でよく分からない施設だし

 

この世界にぽっかり空いた穴

そんなイメージを新たに持つ

 

 

前巻と今巻の間が結構早かったように

発売ペース的に次巻は秋~冬頃かと予想