すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

ハサミ男 -読書感想

f:id:ai00914:20170628221855j:plain

 

内容紹介とレビュー

ジャンル:ミステリー

 

シリアルキラー ハサミ男は三人目の

ターゲットの殺害をそろそろ実行に

移そうとする直前、ハサミ男模倣犯により

殺されているのを発見してしまう。

ハサミ男は、ターゲットを殺した真犯人を

探し始める…

 

良かった点
  • ネタバレを許さない結末
  • ハサミ男が中々好感が持てる
  • それなりの厚さを一気に読ませるテンポと展開
気になった点
  • 初見時の驚きはもう帰ってこない

 

感想
 [事前情報はいらない]

こんな感想記事を書いていてアレだが

未読の方は、出来る限りレビュー等を

チェックしてない、真っ新な状態でどうぞ!

 

全てがネタバレになるという類ではないけど

それでも、本作は事前情報に触れる程

勿体ない。そんな作品だと思う。

 

以下、当たり障りのない感想を

 

シリアルキラーの日常]

本作はは、ハサミ男パートと警察パートが

交互に描かれる構成となっている。

 

ハサミ男パートでは、真犯人の追跡だけではなく、ハサミ男の日常であったり、考え方が

描写されている事も多い。

そんな内容を読んでいると、いつの間にか

ハサミ男を好きになってしまう現象が(笑)

 

一方、ハサミ男がのんびり生活してる裏では

それとは対象的な警察パートがある。

じりじりと捜査範囲を狭めていく過程が

対比として面白い。

 

[おわりに]

あらすじだけ見ると、何だかコメディのよう

しかし、その実しっかりとしたミステリーで

終盤の鮮烈過ぎる展開とその余韻に、思わず

唸ってしまったミステリ初心者であった。

 

最初、文庫本ながらその厚さに少し怯んだが

それを一気に読ませる内容が嬉しい。

多分、2週目も楽しめるんだろうなーと

思える。満腹過ぎた一冊