まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

凶悪 ある死刑囚の告発 -読書感想

f:id:ai00914:20170620221024j:plain

 

内容紹介とレビュー

 ジャンル:ノンフィクション

 

ある死刑囚の告発により発覚した

後に、上申書殺人事件と

呼ばれるようになる殺人事件

 

その内容と告発から裁判までの流れについて

告発を受け、取材活動を行った記者の記録

 

良かった点
  • 担当記者の心情を挟みつつ、出来るだけ中立に事実に基づいている
  • 事件の、一連の流れが分かり易い
  • その内容が面白い

 

気になった点
  • 事件自体は結構エグい
  • 既にニュース等で本件について知っていると若干のネタバレ感は否めない
  • 告発者も死刑囚だけあって極悪人

 

感想
[ノンフィクションの面白さ]

収監されている死刑囚が告発する

新たな殺人事件と、その首謀者

しかも、その犯罪は警察に認知されていない

完全犯罪であった。

 

そんな小説のような展開から始まる本書

小説に迫るような展開の連続は

事実は小説より奇なり

という言葉を体現しているかのようだった。

 

[存在した完全犯罪]

人が殺され、その不動産の転売や保険金から

利益を得る者がいる。しかも、そんな事件が

表沙汰にならないままでいる。

そして、それが現実として起きている。

 

これって結構怖いことだと思う。

自分が遭遇するかはいざ知らず

  • 一連の工作をする環境にある者
  • 殺害を躊躇なく実行出来る者
  • 人間関係の希薄で、資産を持つ者

こうした者達が出会ってしまう事の

凶悪な悲劇と、悪質性を垣間見た気分だ…

 

[おわりに]

警察に認知されていない凶悪事件の数々が

告発と、それをきっかけとした取材活用で

明らかになっていく流れは、劇的でもある

 

しかし、その一つ一つの事件は実行され

奪われた命もある、現実の出来事だ。

それを思うと、ただ本書の面白さだけに

満足で終われない、何とも言えない気分を

味わう。

 

創作でない、ノンフィクションだからこそ

描ける事件がある

それを再認識出来た一冊