すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

プリズム -読書感想

f:id:ai00914:20170620220850j:plain

 

内容紹介とレビュー

小学校女教師が自宅で殺害される

窓には外部から侵入形跡があり

室内には催眠薬入のチョコレート

彼女を殺したのは誰なのか?

 

良かった点
  •  推理を楽しむという、面白さ
  • 同じ事件を扱っているのに、章ごとに新しい1面を見せ、最後まで新鮮に読める
  • 最後まで犯人が誰かという点について、興味が冷めることがない

 

気になった点
  • 本作の特性上、派手な展開やハードな展開といった要素とは無縁
  • 警察等の捜査過程などは殆ど登場しない
  • スッキリとした結末は得られない

 

感想
[推理を読む面白さ]

本作は全4章で構成される

各章毎に主人公が異なり、それぞれが

事件についての推理を試みる。

 

各主人公で、被害者との感情や関係

立場が様々で、推理にもそれが反映される。

 

その結果、同じ事件を扱っているのに

四者四様の推理が繰り広げられ

その違いがとても面白い

 

[人間の見え方]

各章は少しずつリンクしており

同じ人物が章を跨いで登場するが

事件同様、主人公が誰かによって

その振る舞いや与える印象は異なる

 

個人的には、1章と4章の人物描写が

印象的で、主人公同士のニアミス具合が

何とも言えない(笑)

 

[真実とは何か]

自分達の辿り着いた推理について

それを真実であると確信する者

生じた猜疑心に悩まされる者など様々

そんな主人公達の姿を見比べるのも面白い

 

結局、否定出来ないような客観的な事実を

提示されるまで、真実など人の数だけ

主観の数だけ存在するのではと思ってしまう

 

[まとめ]

本作で用意される事件は

仕掛けが幾つかあるもののシンプルだ。

 

そんな事件が主人公達の推理を受け

掘り下げられ、違う面を見せていく

それに併せるように人物、背景、トリックも

読む度にどんどん変化していく

 

その様子を見るにつけ

『プリズム』というタイトルは的確過ぎた。

もはやネタバレだ。

 

1人の絶対的な人物の提示する

推理を追うだけでない、複数の推理を読み

それを比べ違いを楽しむ

最近ミステリを読み始めた僕は

「こういう楽しみもあるのか」と

新しいものを教えて貰った気分だ。