すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 -読書感想

f:id:ai00914:20170607223851j:plain

 
内容紹介とレビュー

ジャンル:新書、経済

昨年起きたパナマ文書事件

その概要と影響の振り返りと

ビットコインやサイバー世界の現状など

タックスヘイブンの今後を予測する

 

良かった点
  • パナマ文書流出事件について詳しい。その概要と、反響について知る事が出来る
  • 今後の予想として解説される、サイバー空間やビットコイン等の話が新鮮で面白かった
  • 全体的にとても分かり易い文章
 気になった点
  • パナマ文書以後の国際的な流れ等については、他書に譲る形となっている
  • 既に本書に収録されている内容についてある程度の知識を持つ人には、あまり得る物がないかもしれない

 

感想
[よく分かる新書]

本書はとても分かり易く書かれており

例えば、パナマ文書について、ニュースで

ちょっと耳にした程度の僕でも

詳しく知ることが出来た。

 

また、こちらも最近話題のビットコイン

インターネットの世界についても

分かり易い解説をしてくれるので

単純知識を得たり、その取っ掛かりとして

とても役立つと思う

 

[新しいタックスヘイブン本]

個人的に今まで何冊か

タックスヘイブンに関する本を読んできたが

本書は、その内容故にマンネリ感など

一切なく楽しめた。

 

まず、パナマ文書という比較的新しい問題を

扱っていること

次に、これまでの本ではよくあった

国際関係の枠組みや対策といった事は

結構カットされた代わりに

新しい、今後に関する問題提起があるのも

刺激的だった。

 

ビットコイン
  • その成り立ちから現在までの流れ
  • ブロックアンドチェーン方式の説明
  • マイニングについて
  • 今後の展望

などの内容で構成されている

 

個人的には

ビットコインの設計の基となっている論文の著人が日本人(日系人?)である事や

取引の整合性を保つ為のハッシュ値

解析プログラムの配布と

正解者には賞金を与えるというシステムで

世界中の一般参加者を競合させ

その公開性により、信頼を確保している

というシステムが面白いと思った。

 

また、取引の信頼性を獲得する作業を

公開・分散する事で、これまで未来の

一つの到達点として予想されていた

権力集中による管理社会とは

違う可能性を見せている、というような

なんだかワクワクするような事まで

書いてある

 

[サイバー空間という新大陸]

 

[まとめ]

本書はパナマ文書とその後の影響

そして、サイバー空間を想定した

今後の予想と、僕が読んできた

タックスヘイブン本の中では初めて見る

内容も多くとても新鮮で面白かった。

 

また、ビットコインやTorについても

詳しく分かり易い解説と、事例が載っており

新しく知るには最適であった。

僕は、本書によりビットコインに対する

印象が大きく変わった。

 

タックスヘイブンパナマ文書について

簡単な知識を得たい人、興味のあるけど

それ程経済に詳しくない人や

勿論、経済について詳しい人の

両方にオススメ出来る一冊