まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

死印 体験版を遊ぶ 第一印象 -ゲーム感想

6月1日発売予定

PS Vitaのホラーゲーム『死印』

その体験版が配信されたので

遊んでみました。

 

内容紹介とレビュー
[ストーリー]

それを刻まれた者は記憶を欠落していき

最終的には死に至る、呪いの印

その印を刻まれてしまった主人公が

同じような境遇の者達と呪いを解き

生き延びるために怪異へ立ち向かう

 

といった内容で、それ自体には特に

目新しさはないが

  • 主人公達の拠点が怪しい洋館
  • ガイド役が言葉を話すドール
  • 主人公は開始時点で記憶を失っている

などなど、今後が気になる要素もあり

 

[システム]

ダンジョン探索ゲームのように

一人称視点で各地を探索していく

といっても自由に動ける訳ではなく

行き先や方向を選択し、そこへ移動する

 

各地には調査要素があり

画面上にある物を調べ

攻略のヒントやストーリーの補完

アイテム収集、ポイントの回復を行う

  

感想
[結構良い雰囲気]

ホラーゲームといえばその雰囲気が重要だが

本作は中々上手く出来ていると感じる

特に印象深いのは

調査中に、窓や階段・廊下の隅へ

ライトを当てると

霊が照らし出される事があり

それが地味にビビる

初めて遭遇した時はリアルに

ドキッとしてしまった成人男性

 

あと、作品内の都市伝説や事件を

調査し、そこに潜む怪異を追うという

流れもとっても好み

 

[段々作業化する調査パート]

本作はイベント以外は

基本的に、移動して調査しての繰り返し

なので、調査パートが作業化するのは

どうしても避けられない

しかも、必要なアイテムを全て入手するまで

先に進めないので、拾い損ねると

それを求めて延々と探し続ける事に…

 

[移動が徐々に効いてくる]

本作のフロアを選択して移動するシステムが

上記の作業に拍車をかける

 

例えばABCの隣接するフロアがある場合

直接A→Cといった移動は出来ず

A→B→Cと順序よく移動する事に

また各部屋に入るのも直接飛べず

その部屋の入口があるフロアまで移動して

初めて可能となる

 

まだ調査を始めたて

足を踏み入れたての頃ならいざ知らず

取り零したアイテムを探すようになると

だんだん恐怖にも慣れてしまい

ボタンを押すだけの時間に感じてしまう

 

最後まで怖さを楽しむためには

1度訪れた部屋にはイベントとか以外では

2度と帰らない!そんなパッションと

百発百中的な精度の探索が求められる

 

怪奇スポットをこの若干不自由な移動で

探索する楽しさや1歩1歩進む没入感も

確かに感じられるのだが…

 

[その他]
  • パートナーキャラクターの選択にもっと意味が欲しかった
  • 選択肢に生死が掛かっているのに、その正誤の理由が分からないものがあった
  • 踊る大捜査線の青島のような服装で真下という名前の元刑事、一瞬エロが差し込まれたかと思ってしまう惨劇シーンのイラストなど、「?」となる時がある
[まとめ]

 個人的に地味に期待していたタイトル

「今夏のホラーゲーム枠はこれかな~~」

と思ってたが、何とも迷う状態に

 

本当に雰囲気や設定は好きなんですけど

それ止まりというか

 

とりあえず体験版をキチンとクリアしてから

もう1度考えたいと思う

 

追記

クリアしました。

 

ai00914-suici.hatenablog.com