楽しいって何だろう?

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

「天皇機関説」事件 我が国体を破壊する凶逆不逞の悪思想!断固撲滅! -読書感想

f:id:ai00914:20170516223355j:plain

内容紹介とレビュー

ジャンル:新書、政治

1935年に起きた、天皇機関説事件

その概要と、各方面の反響

当時の情勢、主要人物にスポットを

当てながら、事件を解説をする。

また、この1件が

その後の日本へ与えた影響も分析する

 

良かった点
  • 天皇機関説事件の包括的な内容と、その影響を詳細に知る事が出来る
  • 憲法を扱う内容だが、法律分野の知識がなくても、分かりやすく読み易い
  • 事件を中立的な立場で解説しようとする筆者の姿勢に好感が持てる

気になった点
  • 機関説排撃派の態度に慣れるまでが中々しんどい
  • 当時の日本の負の側面を表した内容であるため、読んでいる時の気分は重い
  • 欲を言うと、もう少し突っ込んで書いて欲しかったところもある(求め過ぎか)

 

感想
 [読むのがしんどい]

「機関説撲滅有志大会」

「世界に比類なき〜皇室の尊厳を冒涜し〜」

「国憲擁護!!凶逆思想排撃!!」

「反国体・排外奴隷思想の撃滅」

上記のようなアグレッシブな言葉が

全体に渡り乱舞しており

時代を超えた胸焼け気分になれる

それに慣れるまでが一つのヤマかも知れない

(でも「思想毒素」といった面白い言葉もあった)

 

[一つの学説を根絶するという野蛮]

天皇を国の機関の一つと見倣す天皇機関説

国の主権は全て天皇にあるとする天皇主権説

 

本書はその対立と争いを書くものだが

それは全く論理的でも合理的でもない

もはや、宗教戦争の様相を呈している。

 

異なる学説(しかも通説)の存在を認めず

天皇機関説撲滅!根絶!をスローガンに

執拗に攻撃を繰り返す、反機関説派の

言動にはインテリ蛮族とでも名付けたい

 

後々巨大化していく国体思想も合わさり

立憲主義、個人の自由といったものを否定し

一つの思想に染め上げようとする集団が

躍動し、暴力と策略で理性的なものを

ねじ伏せていく過程は

「これは一体どこの国の話なんだろう

ひどい国もあるもんなんだなぁ」

と言う風な逃避が捗る

 

[国体思想という暴力装置

万世一系天皇の統治する日本は

万邦無比(他国よりも圧倒的に優れている)であり

全ての臣民は至忠至極をもって尽くすべき

(本書の読み込みが甘く上手く言語化出来ず)

 

という日本人であれば

等しく持っている考えであるあるという

 

本当か?

少なくとも今回の事件に際しては

立憲主義の停滞と暴力の理由付けしか

役立っていないぞ

 

昭和天皇の意向を汲めない国体戦士達]

ある意味、今回の事件の当事者といっても過言でない

昭和天皇はどう思っていたのか?

自身は天皇機関説を支持しており

むしろこの運動に

不快感すら呈していた

それを度々近辺の軍部の者に伝えるのだが

まるでその意思が反映されていない

 

天皇機関説を排撃して、天皇主権説を

唱えるんなら

その絶対体的な主権者である天皇の意思は

絶対ではないのか?

なのにそれがキチンと反映されないのって

おかしくない?

という小学生でも気付く矛盾が

度々スルーされている

 

実際、昭和天皇

天皇主権説と言うけど、朕の意に

そぐわない事が

平然と行われているのって、機関説と

なんら変わらないんじゃないの」

という疑問を述べている

 

この1件だけでなく、五・一五事件

それに続く

第二次世界大戦など、天皇を1番軽視し

自分達の主張を通す都合の良いもの扱いしてるのは

むしろ、軍部ですよねって印象が拭えない

 

 

[まとめ]

本書で取り上げられた、天皇機関説事件は

正直、どこか異界の出来事を見ているような

気分になった。

 

現代の日本は、思想の自由が保障され

どんな憲法解釈を持っていても

それによって即誹謗中傷や自害要求等を

される事はない。

当たり前の事だけれど

それが当たり前でなかった時代が

80年前にはあった。

 

本書は天皇機関説事件から

日本が歩んでいく暗い道のりを知る

有効な手助けにもなるし

「こいつらバカだなーw」なんて

現代の価値観で笑いながら読む事も出来る

(筆者の望むところではないだろうが)

 

僕は本書を通して、暴力と偏った思想が

暴走しまくっていた景色を見て

悲しさと羞恥心が入り混じった

何とも言えない気持ちを味わいました。

 

 

[その他]

天皇主権説を倒閣運動に利用した

立憲政友会

その結果、軍部の暴走を許す事に繋がり

二・二六事件で首相板垣退助

暗殺されるって

歴史の因果出来過ぎないか

 

本事件の当事者、美濃部達吉

憲法改正に最後まで反対していたと

知り驚く