楽しいって何だろう?

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

ゲーム感想- フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと 何度も死を体験して辿り着くその先

f:id:ai00914:20170505222859j:plain

内容紹介とレビュー

クリアまでの時間:7時間くらい 

 

本作は一人称視点で、主人公達を操作し

フィンチ家の人間が死んで行く瞬間を

探索、追体験、記録していく

トーリー進行、一つのルートを辿るかたち

死の追体験といってもグロ要素はなく

追体験する人物によって、ゲームないの操作も

少しづつ異なり飽きさせない工夫が見える

僕は、一人称視点(FPS)は酔いやすい人間なんだけれど

本作は1度も酔うことなく終える事が出来た。

作品の雰囲気と概要に惹かれたなら

その時点で購入してもいいように思う

(今ならPSストアGWキャンペーンの10%クーポン配布中だ)

 

良かった点
  • その雰囲気作りが素敵だ。ある程度、自由に歩くことも出来る
  • 操作する人物によって、少しづつ異なる操作。PSのコントローラを使って、ブランコを全力で漕ぐ機会が来るとは思わなかった
  • 淡々とした死の歴史の積み重ねを知る事が楽しい
気になった点
  • 進行に関するヒントは、そんなに親切ではない。一応、次に行く場所や動作を誘導する仕掛けはあるが、それに気づくかはプレイヤー次第
  • 死を繰り返し体験するのが本作の趣旨の一つであるが、人によってはそれに意味を感じない(だから何?)、という感想が予想される

 

f:id:ai00914:20170505222936j:plain

感想
[何度も死ぬ]

本作は、フィンチ家の人間が死ぬ瞬間を追体験することを

基本とし進んでいく

「こんな死因もあるのか〜」という軽い気持ちで

最初は進めて行くが、それらが積み重なっていく

終盤はどこか息苦しい

多彩な死因が用意されている事に

その人物の人生すら感じる

 

[多彩な操作パート]

フィンチ家の人間の操作パートには

全て独特のゲーム性が付与されている

ex.動物になり獲物を捕食したり、ブランコを漕いだり

個人的には

右スティックで鮭の首をカッターで切り落とし

コンベアーに流すルーチン

左スティックで白昼夢の自分を操作し

ダンジョンや他国を征服するパート

その2つを同時に行うキャラを操作している時が

最高に奇妙な、本作のタイトルを回収した気分を

味わうことが出来た。

 

人物によってゲーム性を変えた事で

そのキャラクターの個性を与える事にも成功していると思う

(アメコミ風の画面で操作するパートでは思わず

「このゲームすげえな…」と思ってしまう)

 

f:id:ai00914:20170505223001j:plain

[おいでよ、フィンチ家]

その外観もインパクトがあるが

室内も多彩な仕掛けと死の記録に溢れている

そんなハウスを探索するのは中々にドキドキで

(BGMを流すタイミングを心得ていた)

その顛末とその先が気になり

どんどん先に進んでしまう

(セーブは要所要所でオートセーブ)

ボリュームは多くないかもしれないが

その雰囲気に浸れる事が楽しい

そんな満足度の高いゲームでした。

 

 

 

 

 

余談ですが、これが今年初めてクリアしたゲームとなる

もっと、ゲーム遊びたいなぁ