すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

新耳袋 殴り込み 第一夜 いい歳した大人が全力で心霊スポットに殴り込む

f:id:ai00914:20170418220521j:plain

内容紹介とレビュー

ジャンル:ドキュメンタリー、ホラー

 

怪談の舞台となった場所に実際に行ってみる

というコンセプトの時点で期待が高まる

いい歳した大人達が本気で乗り込んで

本気で怖がるドキュメンタリー

 

[良かった点]
  • 実際に行ったからこその怪談現場の描写には説得力がある
  • ちょっとした描写の中に現れる不気味さや怪しさ奇妙さ
  • ドキュメンタリー形式であるが、文章のテンポの良さなどから、最後までダレずに読む事が出来る
  • ギャグ寄りの文章が面白い。ホラー一辺倒でない楽しさがある
[気になった点]
  • 全体的にはギャグ寄りな文章であるため、純粋にホラーを楽しみたい人には薦めにくい
  • 道中のノリも本当に騒いだり面白おかしくやっているだけなので、それが合わない人もいるかもしれない
  • 新耳袋の舞台に突撃といっても、ただの怪談スポットに行った話もある
  • 明確なオチがない。良くも悪くも、取材班が現地に行き体験した出来事の記録である

 

感想

[全部本気だから面白い]

現場潜入中の様子に怪奇に触れて怖がる

小学生のような言い合いや

譲り合いを繰り広げる

それらを全て中年男子達が本気でやっている

そこに、このシリーズの面白さがあり

今後のシリーズに承継されていく形が

既に見える

いい歳した大人達の本気の肝試しがここに

 

[嫌な後味]

全体的に明るめの珍道中的なノリとはいえ

そこは角川ホラー文庫である

随所に違和感が現れる

それは天狗神社の話で頂点に

「我々とは違った理の中で生きている

人々の存在」

というものを強烈に

意識させる不気味さがある

 
[まとめ]

ホラー好きであれば、1度は考えてみる

現地への突撃

肝試し的でもあり冒険でもある内容が面白い

取材班の個性的過ぎる面々のおかげで

道中から現地への潜入まで、テンポ良く

読み進められる

 

普通のホラーものとはちょっと違う

現場を歩く、そこで異質さに触れる

そして、実際に体験してしまう

その様子が面白おかしくも

不気味さを伴い描かれている

 

それが本書の魅力であると思う