まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

空想科学読本 3分間で地球を守れ? 帯のコピーが圧倒的に端的に簡潔的に魅力的

f:id:ai00914:20170413223830j:plain

内容紹介

ジャンル:アニメ、特撮、やや科学

 

ウルトラマン仮面ライダーといった

特撮やアニメに平然と設定されている

トンデモ設定を真面目に考えてみよう

という内容

 

といっても、冷やかしとか

悪い意味ではなく

作者自身の好感の持てる描き方もあり

楽しく読む事が出来る

(真面目に検証したら悲しい結果が

待ち受けていたという場合も…)

 

ページ数も少なく

1文1文も軽快にサクサク読める

そんな良い意味での軽さもある

 

感想

本書には色々な作品が取り上げられているが

その中で特に印象に残ったものを

 

[自分で起こしたソニックブームでやられる]

特撮の設定でお馴染みの単位マッハ

スペック表に速度がマッハとあると何故が安心する

 

ところで、音速を超えるとそれに伴い衝撃波が発生する

飛んでいる姿がとても流線型とは言えない

光の巨人や三つ首の巨大怪獣は

自分のスペック故に発生したそれに八つ裂きになるという無残…

何故そうなるのか、わかりやすい図解で載ってあり

「まぁそりゃそうだわな…」と一緒にどこかで寂しい気持ちになる

 

 

[ネロが可哀想過ぎる]

 「フランダースの犬」の主人公

僕もあの有名過ぎる最終回でしか

知らなかったが

「世界がネロに厳し過ぎでは?」

という感想が拭えない

しかも、変に現実でも起こりそうな

絶妙な不幸の連鎖

もう見てられない

 

[大晦日に出前を120軒こなす演劇少女]

 もう演劇でなく違う道を志しても良いのでは?

距離と時間という単純な数字で異次元を魅せてくれる

[使用者を過労死に招くデスノート

新世界の神になるために世界中の犯罪者を

片っ端から葬ると…という検証

その成就のために過労死しますか?人間やめますか?

  

スカイラブハリケーンは実現可能か]

あの有名技を実現出来るか真面目に考える

そのメリットと弊害の合わせ技で

現代サッカーに挑む

 

[まとめ]

こんな感じの話が計31本収録されている

様々なシチュエーションの検証ばかりで

読んでて飽きが来ないのは見事

 

そして、帯にある通り、夢を壊し続ける内容なのに

それが気にならないのは筆者の作品に対する

リスペクトを感じる事が出来る描き方と姿勢であると思う

 

こんなアニメや漫画、特撮の設定なんて

正直、わざわざ検証なんてしなくても

無理、有り得ないなんて事はこちら側も折り込み済みであるし

実際の検証結果を見ても

「ダメじゃん(笑)」「思っていたより凄くない」

といったものも沢山ある

 

それでも、その作品やキャラクターの魅力が損なわれる事はないし

むしろ、そういうところも併せて、また好きになれる

そんなトンデモ設定って素敵だなって思う

 

だから、僕は今でも設定欄にスペック表に

速度単位:マッハ表記があると何か安心してしまうんだと思う

 

ところで、この帯のコピーが秀逸過ぎる

この本の良さを全て、簡潔に示している

すごい