すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

古代史捏造 旧石器発掘捏造事件とは何だったのかを探る

f:id:ai00914:20170404231216j:plain

内容紹介

ジャンル:ノンフィクション

2000年に起きた

旧石器発掘捏造事件

本書はその影響と事件後を描く

 

これより先に刊行された

「発掘捏造」の後日談的内容

前作と同様に取材班の活動記録を

纏めたものとなっている

 

前作に引き続き

前中期旧石器時代の初歩的な知識

そして、捏造事件に対する

学会、各自治体、研究者等

幅広い範囲で影響を見る事が出来る

 

感想

[20年の研究が消える]

この事件の最大の影響

根拠となる発掘成果が全て捏造であったため

このような事態に

 

日本人のルーツを探るためにしていた発掘が

それを余計あやふやにしてしまっていた

その後残ったのは、資料価値がなくなり

埋め戻された、「元」遺跡のみ

 

というのは、ちょっと皮肉過ぎないか

 

研究者の苦悩や嘆きを伝えるシーンもあるが

  • 重大な発掘が1人の人物に集中する状況について疑問を持たない、持つ意見は排除されていた
  • 1人の学会権威者がお墨付きを与えると簡単にそれを受け入れる
  • そもそも、前中期旧石器時代を研究するに当たり、日本考古学者の能力不足

などといった過程を

既に見てしまっているので

どうしても少し冷めた目線になってしまう

 

[旧石器発掘捏造事件とは何だったのか]

今回の事件を追ってみた結果

発掘捏造という考古学での事件であるが

 

見たい物信じたいものが現れると

それを受け入れてしまいやすい

という人間の心理が大元にあり

 

そこに日本考古学の独特な

科学になり切れていない部分

学閥や権威的なもの

自浄作用の欠如

海外を含めた発掘成果の議論不足

過熱した報道と地元の盛り上がり

等々が絡まり

 

最終的にこのような結果に

なってしまったのではないか

と感じた

 

[どんな人に勧めたいのか]

  • 発掘捏造事件を、ゴッドハンドという名称だけで通り過ぎてしまった人
  • 事件のその後を知りたい人
  • 00年代前半の日本考古学に興味のある人

 

関連記事

 

ai00914-suici.hatenablog.com

 

 

ai00914-suici.hatenablog.com