読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

新世紀エヴァンゲリオン 旧劇場版 The End Of Evangelion リアタイ実況を通して色んなものが倒壊する1900文字 -アニメ感想

なぜ今エヴァ旧劇の記事を書くのか

先日(3/31)NHKBSプレミアムで放送されたものを

実況した気持ちを引きずっているからだよ

 

気持ち悪くて長い感想

僕が初めてエヴァを知ったのが小学生の頃 

クラスのサブカル的に先進的な友人が(褒めてます)

見せてくれたパズルがきっかけでした

エヴァお得意の、シーンを散りばめた中に

セリフを混ぜ込んでいくってイラストで構成されたパズル

心を鷲掴みにされた思い出が残っています。

 

[9話から始まったTV版]

秋田とかいう僻地に住んでいたおかげで

勿論当時の放送はなし

そんな中、父の職場の同僚がビデオを

持っているという事で

頼み込んで借りてきてもらったのが

9話 瞬間、心重ねて/10話 マグマダイバーが

収録されている巻でした。

後々、再放送などでTV版はちゃんと見られましたが

未だにTV版と言えば9話なんです。

 

自分自身働くようになった今思うと

職場の同僚からアニメのビデオを借りるとかいう

酷く難易度の高いお願いを父にしてしまったと思ってしまう

すまない

 

[待望と横滑りが同居するファーストインプレッション]

TV版最終回を見た方々を思ったのと同じ気持ちを

タイムラグを経て得た当時の僕

 

サブカル的に先進的だった先の友人から

軽くネタバレされていた事もあり

(今思うとグーで殴りたい)

完結編の劇場版が猛烈に気になっていたのを覚えています。

 

そして、時は少し流れ

劇場版2本をレンタルしました。

日曜夜に親が寝た後に明日の学校を捨てるつもりで

再生ボタンを押した記憶が残る

 

シト新生

総集編で面食らいつつも

始まる完結編

内容はネタバレされていた以上に衝撃的

弐号機覚醒、投下されるウナギ!

「これからどうなるんだ…」

と思った矢先に流れる、魂のルフラン

 

もともと好きな曲だったけど

更に更に心に残る曲になる

当時、映画館で見た人たちの気持ち

3割くらい味わえたでしょうか

[アンチウナギ]

次の日、親が寝た後に

火曜の学校を捨てるつもりでEOEを見ました。

先に、魂のルフランが流れたポイントも怯えつつ

無事通過

そして、弐号機の最高の戦闘シーンを経て

喰われるシーンへ

(ここも先の友人にネタバレ済み、正直グーで殴りたい)

「俺の好きな弐号機が、あんなキモい奴らに…」

それから暫く、量産機が嫌いでした

(今は大好き)

[念願の先に得た虚無と爽やかさ]

そんなシーンを抜け

まごころを、君に も見届け得た感想

よく分からない虚無

 

今は感想サイトとか書籍等で

色々知識が補強されているから

納得出来るけれど、その当時は

TV版の最終回を見たかったのに

伏線/用語は回収されたのか分からない

ショッキングなシーンの詰め合わせのくせに

最後はおかしな爽やかさを運んでくる

といった印象で終わりました

当時映画館で見た人の気持ち

4割くらい味わえたでしょうか

 

[2016-2017にエヴァを見る機会がくる]

現代に帰ってきました

昨年の秋からエヴァTV版がNHKBSプレミアムで

再放送されるとかいう 

エヴァTV版を実況出来る素敵な機会がありました

 

新劇でないエヴァ

初めて見た当時より良くも悪くも広い視点で見れるエヴァ

めっちゃ楽しかったです。

そんな中、最終回の終わりでされる告知

 

劇場版2本も放送する

 

マジかって思いました。

DeathはともかくEOEもやんの???って

上がらずにはいられない

 

[EOEと再会する]

実はEOEの実況は初めてではなくて

2014年夏の日テレで放送された時以来

その時は規制が酷くて、心配していたのですが

今回は一部除き殆ど規制なし

NHKパワーを体感する

[やっぱしんどい]

これが今回の感想

そして、初見の頃から変わらない感想

 

いくら知識増えても変わらない

しんどいものはしんどい

でも、相変わらず妙に爽やかで

すぐには無理だけど

また見たいなって思える

そんな映画

 

しんどいシーン沢山あるし

見るのにエネルギーがいる

でも、当時の良く分かんない勢いみたいなのも

最高に感じる

(これをリアルタイムで体験出来なかったのが惜しい)

 

そんな色々混ぜこぜになった想いを抱え

これからもそんな気持ちを味わうために

何年かに1度見ていく作品なんだろうなーって思う

 

しんどさと爽やかさに騙されて

そんな作品を何度も見るのは不毛かも知れないけど

好きになってしまったんだから仕方ない

 

[ありがとうと気持ち悪い]

エヴァTV版と旧劇を完走した気持ちを

体現してる2言だと思う

 

正直、新劇完結編が延び延びで

モチベーションが完全に死んでたと

思っていたけど

今回のTV版を実況するっていう

めっちゃ貴重な機会のおかけで

まだ待てる

 

でも、あと5年中には頼むって気持ちで

この楽しかった半年を終えたい

 

なんだかんだで、僕はエヴァのオタクだったんだなって

爽やかに自覚出来た期間で

それが嬉しかった