まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

メルキオールの惨劇 独特の文体からから紡がれるどこか狂った世界の出来事

ジャンル:ホラー

あらすじ:他人の不幸を集める事が好きな依頼人の命を受けた

                     「俺」が自分の子供の頭部を切断した母親を訪ねるが…

 

小説を読んでいて

「これ合わないなー。買うの早まったな 」

なんて思いながら、せっかく買ったしと読み進めて

「結構面白いじゃん!」

って評価が変わる事ってよくあります。

今回、久々にそれを味わいました

 

f:id:ai00914:20170227224142j:plain

感想のようなレビューのような

最初、タイトルに惹かれて買いました。

「メルキオールの惨劇」

めちゃくちゃカッコいい

 

そんな気持ちで読み進めると

その独特の文体と、グロ混じりの生理的に嫌な描写に

注文した時の気持ちが萎んだ記憶があります。

(10Pでリタイアした人もいるらしい)

 

それでも読み進めて行くと

ある地点で転換が起きる。

そこから、最後まで一気に読み進めてしまった。

まだまだ、こういう経験が出来るんだなって

嬉しくなってしまったくらい

 

グロ描写は中々鮮明

しかし、この狂った出来事の行方が気になってしまう

中盤の、彼の目覚め

それまでが世界観を説明するチュートリアルくらいの気持ちで

読んで欲しいですね(^人^)

 

[ネタバレを含む感想]

正直、最初は買ったの失敗したと思った

犬をぶん回して散歩する奴やら

街の死に具合の妙に迫ってくる描写

ジョークのように語られるグロ

 

それに付き合いながら読んでいくと

(序盤からハマれる人は最高だと思う)

 

メルキオールが登場する

そこから、一気に物語が進んでいく

 

主人公の過去や

メルキオールの語るこの出来事の顛末

バルタザールとの駆け引き

 

それまで独特の文体だなぁとしか捉えていなかった書き方が

こちらを一気に物語に惹き付けてくる

主人公の「俺」は到底自分を重ねられないが

「俺」と重なっていく

 

どのサイトでも見られる

あらすじの内容は既に遠い過去の出来事

メルキオールとバルタザール

この両者の顛末と

この物語の終わりが気になる

 

気づいたらこうなっていました(^人^)

 

結末は、灰色のように見えるけれど

その景色を読みながら想像すると

無常と哀しさとある意味の美しさがごちゃ混ぜになって

狂った出来事のはずなのに

一つ、平穏な終わりを迎えたように思えてしまう

 

そんな謎の後味を残していった作品でした

 

カバー裏の解説で

「ホラー小説の歴史を変える」 

という文があったけど

正直、これはホラーか?

と思った。

しかし、充分に面白かった