読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーさいどは遠い

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

本の感想 「ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か」

本の感想

最近よく耳にする、ポピュリズム

僕は学生時代に公民系や政治学が得意だったので

正直知ったかぶりをしていました。

 でも、やっぱり知ったかは落ち着かなく本屋を徘徊した結果

f:id:ai00914:20170128230915j:plain

本書は、ポピュリズムの概要を説明しつつ

南米や欧州のポピュリズム政党の活動を分析し

ポピュリズムの大まかな歴史と現在の比較を行っています。

なので、僕みたいな初心者にはとても読みやすかったです。

 

以下、感想のようなもの

「主な構成」

前半から中盤に掛けてポピュリズム政党の成り立ちから

南米と欧州での主張や行動の比較を行い

とても分かりやすく書かれています。

(比率的には欧州が多いかな)

後半からは、昨年のBrexitからトランプ大統領誕生までの

時事も押さえています。

ポピュリズム政党の良い面や悪い面

また、それが及ぼした影響について詳しく書かれています。

ポピュリズム政党が既存の政党政治に及ぼす改革を書きつつ

それが行き過ぎてしまう場合の事例もしっかりあり

筆者が中立的な立場に徹する姿勢であることが分かります。

 

「個人的に気になった点」

ポピュリズム政党の印象

ポピュリズム政党と一括りしても南米と欧州で傾向も違うし

政策面でも過去と今では反対の事を言っていたりする。

「なんだこれ」って思いました。

 本文中でも解説がありますが、ポピュリズムは下から上への闘争

要は庶民から政治エリートに対する闘争

だから、政策や主張もその都度変わっていく

この解説を見た時に、一気にポピュリズム政党が興味深くなりましたね。

だから、大衆の心に訴えかけるものがあるんなって。

今は移民排斥や反グローバリズムを訴えているけど

もしかしたら、10年後は違う事を言って支持を集めているかも知れない。

そういった意味では、既存の政党よりよっぽど「生きている」政党ですよね。

安っぽい言い方かも知れないけど、ライブ感のある政党。

ポピュリズム政党の言い分の反対側が、その時主流。

分かりやすくていいです。

 

リベラル?デモクラシー?

現在のポピュリズム政党の主な主張は反イスラム

一見過激な事を言っているように見える(僕もそう思ってました。)

しかし、本書を読むとそれが分からなくなる。

イスラム教は民主主義的ではなく、男女平等ではない

我々(主に欧米)が基本とする価値観とは違うよね

だから、そういう相容れないものを批判するよ

・・・現在のポピュリズム政党の反イスラム政策を要約するとこうなる、という。

「確かに理論的には間違っていないようにも見える。」

っていうのが僕の感想です。

本書でも、だからこそ現在のポピュリズム政党を論破するのは難しいと触れられています。

(個人的にもそりゃそうだ)

 

「ではポピュリズム政党は害なのか」

ところが、そうでもないらしい。

本書でも、ポピュリズム政党の拡大により危機感を持った既存政党が

党内改革や政策の拡充を行い政治が活性化され政治不信を解消された例が載っている。

この場面だけ見ると、とても理想的な政治が行われている…

やっぱり接し方がイマイチ分からない。

 

「ディナーパーティの泥酔客」

本書の最後にある、とても印象に残った言葉。

ディナーパーティの会場に突然泥酔した客が乱入して何か言ってる。

鬱陶しいけど、何かその場ではタブーとされていた事に

ガツガツ意見をぶつけている。

「迷惑だけど、ちょっと気になる」

こういう例えだそう。

僕はディナーパーティとか行った事ないけど(悲しい)

そう言われると、とても良く分かる。

 

そんな厄介であり有益な泥酔客を知る事が出来る一冊。

先にも書きましたが、とても分かりやすく易く書かれていますし

ポピュリズムって何?」という疑問解消に役立ちます。

興味ある方は一読してはどうでしょう

 

以上が感想でした(^人^)