床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

『黒い家』 -読書感想

f:id:ai00914:20180319223308j:plain

ジャンル:ホラー

 

ミステリ小説欲が一段落したところ、今度はホラー小説欲が激増中

角川ホラー文庫、懐かしい

初めて読んだ小説が、リングでした。

 

感想

10年くらいに1度読んだ事があるけど、今回改めて読んでいて、終盤のシーン以外ほぼ全て内容忘れていたw

なので、気分は新刊。ラストを知っていても十分に面白かった。

 

保険金は人間に付けられた賞金なのか

本作は、所謂保険金殺人を巡り、保険会社に務める主人公がその請求人に追い詰められていく

 

それって、ホラーでなくミステリーなのでは?と思ってしまうが

これが中々にホラー。それが有名な作品である由縁でもあるかと

 

読んでいた当時は言葉すら知らなかったけど、サイコパスを扱った作品だなーと思う

保険金を得る為に、家族を殺し何食わなぬ様子で支払いを請求してくる。それも何度も。

そんなサイコに、職場・家・恋人まで含めて徹底的に粘着、ストーキングされたらどうなるのか

 

保険金というシステムにより、人間を賞金首のように扱う恐ろしい人間が確実にいる

という点をしっかり描いてるのは、まさにホラー小説

 

おわりに

本作の発売は90年代であるけど、サイコパスという言葉が浸透し、所謂通り魔的な残虐事件も経た

今の時代に読む方がむしろ、楽しめるのではないかとも感じた。