まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

『改訂完全版 占星術殺人事件』 トリックに気付く事の面白さを知る-読書感想

f:id:ai00914:20170803220410j:plain

 ジャンル:ミステリー

 

今回も、よくオススメで挙がる作品を読む

名探偵 御手洗潔シリーズの第1作目

 

そういえば、名探偵〇〇シリーズみたいな、ミステリ小説は初めて読むなぁ

 

感想

強烈な独白小説から始まる本作。サイコ小説か?と一瞬面食らってしまった(笑)

 

その後から始まる本編は

占星術御手洗潔の下へ持ち込まれた、ある手紙

それがきっかけとなり、日本中を巻き込み40年もの間未解決である、怪奇事件へと繋がっていく

 

40年前の未解決事件

本作のタイトルにもなっている、占星術殺人事件

 

僕自身が、こういった未解決事件ネタが好きな事もあり、御手洗と石岡クンが当時の状況を検証しつつ推理していく様は

未解決事件番組のようでもあり、好きな場面だ。そうやって、御手洗と読者へ事件の基礎情報を提供したところで、話が進む

 

魅力的な事件

本作に登場する占星術殺人事件

  • 見立て
  • バラバラ殺人
  • 一家鏖殺
  • 密室
  • 雪の上の足跡
  • 不自然な連続殺人事件

という、パワー要素を詰め込みまくったかのような事件で、もう心が惹かれてならない

 

しかも、これが未解決事件であるという触れ込みが更に興味を加速させる

その内容が少しずつ検証され解き明かされていくワクワクは、これぞミステリ小説といった満足感

 

これが歴史に残るトリックか…

虚を突くというのは、こういう事なのだろうか。種明かしをされた今となっては

「なぜ気付かなかった?」と振り返る余地すらあるけれど、初めてそれを目にした時の衝撃が気持ち良かった。

 

作中、このトリックに気付いた御手洗が、声を上げ気が違ってしまった人のように描写がされているが

その気持ち、とても良くわかるよ御手洗クン…

気付いてしまう人はすぐに気付くかもしれないけど、そうでない人間で良かったー!と思えた瞬間

 

ネタバレを踏まずに読めた事が嬉しい。

 

おわりに

本作は、内容の面白さもさる事ながら事件の内容、鮮やかなトリック、そして何よりも探偵役が独自に推理をして

事件を解決するという部分に、「良さ」を覚えた。

 

と言うより、探偵物を読むのが初めてで、それが新鮮な体験だった。

 

御手洗潔シリーズ、オススメされている3作目までは、とりあえず追って見ようと思う。

 

 

2作目を読みました。

 

 

ai00914-suici.hatenablog.com