まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

『人形はなぜ殺される』 悩める名探偵と魅せるトリック-読書感想

 

f:id:ai00914:20171031204051j:plain

ジャンル:ミステリー

人との出会いは第一印象が大事というが、それは、小説の人物でも変わらない。

 

感想

人形が殺される(破壊される)と、その人形と同じ方法で人間が殺される

本作はこんな不気味で、どこか惹き付けられる連続殺人事件が展開していく。

 

魅力溢れる事件

本作の事件はこのように、ミステリ小説好きであってもなくても、惹き付けられてしまうような魅力的なシチュエーション。

ミステリ小説だから、人間が関わっている事は間違いない。しかし、どこか魔術的でどんな解決を見るのか分からない。

何から何まで人間くさい事件を扱った作品とはまた違う、異様で不可思議、そして不気味な雰囲気がとても良い

 

悩める名探偵

僕にとって初めて触れる名探偵神津恭介シリーズであったが、それが本作で良かったのだろうか

 

神津恭介は描写を見る限り本当に完璧な人物で、過去の事件の解決も鮮やかだ。本書に同時収録されている短編でもそれは分かる。

そんな名探偵がこの事件では、良いように翻弄され、僕にとってその姿が神津恭介の第一印象になってしまった。

 

今後、おそらく神津恭介シリーズにも触れる機会があるはずなのに、これで大丈夫だろうか

 

人形はなぜ殺される

本作のタイトルであり、作中で繰り返し行われる問いかけ。この問に事件を解決に導く意味が含まれている

一連の連続殺人事件において、最も奇妙で謎の多い第2の事件。そのトリックを知った時は

「すごい…」と思った。魔術的な犯行を現実に人間が実行すと、こうなる。という十分過ぎる説得力と見事さがあった

いや、本当にすごい

 

おわりに

本作はそのトリックだけでなく、流動的に展開する事件、何か闇を含んでいるかのような雰囲気など、全てが好きになってしまった。

 

初めて触れた神津恭介は、同じく日本三大名探偵の1人、金田一耕助とは全く別方向の人物だと感じた。

しかし、その人物像を含めてシリーズを追うのも楽しみになってきた。

何だかんだで、良い出会いが出来たと思う。

 

 

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)