床が友だち!

日々の労働が辛い僕の体験まとめノート

ガンダムビルドダイバーズ 6・7話の感想

フォース結成とデビュー戦の2週間

登場人物が大体揃った感じで、これからが楽しまでもある

 

ガルバルディリベイク

溢れる鉄血のオルフェンズ臭がイカ

肩パーツの黄色いパーツの配置とか紋章のようなディティールに実弾と近接武器な武装構成

初見時に鉄血の機体っぽいと思っていたら、リベイクという名前も判明し、やっぱり狙っていたのかなーと

ドデカハサミも持っているしね

 

元のガルバルディ要素はどこにあるんだーって感じだけど

こういう敢えて別作品の機体をベースにして、それっぽい機体を作っていうのが模型誌の企画感と

コーイチのオタク感があって好き

 

コーイチが引退した理由

何か深刻な理由(自分のガンプラを格上にボコボコに壊されるとか)があるかと思っていたら

一緒に遊んでたみんなが辞めたから、自分も辞めるって、なんだそれと思ってしまったのが正直なところ

確かに仲間が辞めちゃうと環境も変わってしまうかもしれないけど、それであんな頑なに復帰を拒否する様になるのが

個人的にはイマイチ共感出来なかった。キャラとしては好きなんだけどね兄貴

 

初のフォース戦

敵味方合わせて10機もいるのに、特に敵側にもやられ際も合わせてちゃんと見せ場があった。

 

ガンプラ一生懸命やってた、おそらくいい歳した人らがキッズに無双されるのは見ててカナシイナー

やられてしまったけど、相手フォースが使っていたザク達も魅力的に掛けていたと思う。歳とったからだろうか…

 

ビルドファイターズトライの3人より多い5人チームの戦闘は、派手な場面も作りやすそうだけど

その反面、最後まで上手くキャラの立ち回りを見せられるのか。これから期待半分不安半分といった感じ。

 

また、練習シーンや試合序盤の描写を見るに、事前の戦略・コーチングも重要っぽい。だからこそ、負けた新兵達が浮かばれない…

明らかにサバゲーとかやっててそういうの得意そうなのに

 

モモカプル

本当にお前が作ったん???

とビルドシリーズを見てて久しぶりに思った(笑)

コミカルな動きとかは、ビルドファイターズでベアッガイが初めて戦った時の姿を見る思い出す

プラモの商品紹介を読むと、モモの可愛い基準でデザインから武装まで裁断されまくってるのが面白い

(尖ってるツメは可愛くないから丸くした、とか)

 

プラモのビルドダイバーズ製品でも初の完全新規商品だし、購入意欲をバキバキにそそられてしまう

 

おわりに

今回のフォース戦を以て、ようやくチュートリアル的な部分が終わったのかなーという印象

来週は狂気のプチッガイ祭りに、良さんき祭りの予感

久しぶりに動くフラッグが見られるんだ…