まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

『ハサミ男』私はこの殺人鬼にお付き合いする -読書感想

f:id:ai00914:20170628221855j:plain

 

ジャンル:ミステリー

 

ミステリ小説にわかでも、何冊か読んでいるとその様々な主人公がいる事に気が付く

探偵、刑事、助手、進行役、そして犯人

 

本作は、そんな本来の犯人であるハサミ男と共に謎を追う、ある意味で不思議な物語であり

その高い評価に違わない、読んだら納得の1冊となった

 

 

感想

シリアルキラー ハサミ男は、三人目のターゲットの殺害をそろそろ実行に移そうとするが

その直前、ハサミ男模倣犯によりお目当ての対象が殺されているのを発見してしまう。

ハサミ男は、自分のターゲットを殺した真犯人を探し始める…

 

事前情報ノーサンキュー

こんな感想記事を書いていてアレだが、未読の方は出来る限りレビュー等をチェックしてない、真っ新な状態で読む事を推奨する

 

全てがネタバレになるという類ではないが、それでも、本作は事前情報に触れる程に勿体ない。そんな作品だと思う。

 

なので以下、当たり障りのない感想を

 

シリアルキラーの日常

本作は、ハサミ男パートと警察パートが交互に描かれる構成となっている。

 

ハサミ男パートでは、真犯人の追跡だけでなく、ハサミ男の日常であったり、考え方が描写されている事も多い。

そんな内容を読んでいると、いつの間にかハサミ男を好きになってしまう。このシリアルキラーを!

 

一方、ハサミ男がのんびり生活してる裏ではそれとは対象的な警察パートがある。

じりじりと捜査範囲を狭めていく過程が対比として面白いし、ミステリ小説の面白さかな

 

ハサミ男と警察が交わり初める点のドキワク感は何か嬉しかった

 

殺人犯目線の面白さ

自分の獲物が直前で殺されてしまったという始まりの本作

普通なら一生味わう事のない、そんな感覚なのに、自然と染み込んでく

それは、ハサミ男の生活や内面描写が多いことも手伝っているんだけど

 

日常生活を普通に送っている、異常者感とでも言うんだろうか

話している内容は普通に共感出来るのに、やる事が何段も飛び越えている奴しかも、殺人鬼

そんな目線から綴られる世界が段々癖になってくる面白さ

 

というより、殺人鬼が自分の獲物を先取りした殺人犯を捜すってシチュエーションが既に、やっぱり面白過ぎるなぁと

 

おわりに

あらすじだけ見ると、何だかコメディのよう。しかし、その実しっかりとしたミステリ小説

終盤の鮮烈過ぎる展開とその余韻に、思わず唸ってしまったミステリ初心者であった。

(というか、その場面を迎えた時、何が起きたのが分からなくなった)

 

最初、文庫本ながらその厚さに少し怯んだがそれを一気に読ませる内容が嬉しい。

多2週目も楽しめるんだろうなーと思える。全体の趣向と、その騙しのトリックが満腹過ぎた一冊

 

こんな衝撃の体験が出来るならずっとミステリ小説にわかで良いや~と気持ち良く思える内容が嬉しかった

 

 

 

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 
ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)