まっくじょぶワーカーの憂鬱

日々の労働がつらいから酒とアイドルとミステリ小説とゲームに全力逃避ブログ

アイドルの平日ライブに行きまくったこの6週間の結果

やたら平日に設置されている、アイドルさんの激アツライブ

 

今回良い感じのパリピ感でそんな平日開催のライブに行ってたら、6週間連続平日ライブ参加していました。

アイドルの平日ライブに週1〜3で行く生活をするとどうなるのか。

そんなアイドルオタクに片足突っ込んだ労働者の簡易レポート。

 

そもそも平日にそんなライブしないでくれ

アイドルのライブ行くようになって暫くするとやたら味わうこの感じ

土日でやって欲しいようなライブが普通に平日にある…でも、平日だし次の日の労働を考えたい…でも行きたい…

そんな末、まず平日の労働を最低限やれるくらいまで犠牲にしました(^人^)

 

アイドル平日ライブの良い点
・平日なのに楽しい 気持ちになれる

まず何よりもこれが一番。憂鬱な平日なのに、楽しみが生まれる!これが地味に中々に凄い

月曜日すら楽しみになったのはビビる。そして、実際にライブはやっぱり楽しかった。

 

朝起きて、職場まで歩きながら今日はライブがあって〜これが楽しみで〜みたいな事を考えられるのは

結構な活力を貰えることに、本当に最近改めて気付きました。

 

・夜の東京を歩くのが楽しい

僕は秋田県とかいうど田舎の出身で、学生時代も遊びとは遠い闇の時代だったので

とにかく今、ライブ向かう途中に夜の東京を歩くのが楽しいです。知ってる会場から始めて行く会場まで

平日の夜に歩くのこの雰囲気が堪らない

 

・やっぱり単純にアイドルに元気貰える

これがやっぱり一番大きくて一番楽しい点

こんな小学生みたいな感想を得ている成人男性

未だに、こんな風なのやばーいと思いつつ、ライブ楽しさと、ステージでキラッキラしてるアイドルさん見てると

明日も頑張ろーってなる。本来、中高生が抱いても良さそうな気持ちをこの歳で抱くの自分でも笑ってしまうけど

やっぱり楽しいんだよね。楽しかったライブの次の日は、その時の思い出再生が生命線に

 

・今日を精一杯楽しんだ!

終わりよければすべてよし

そんな言葉を体現する感覚

 

それなりにきちんと労働して定時ダッシュして会場に辿り着いて、ライブでめちゃめちゃに楽しくなって

そんな過程が、全部楽しく思える感じ。今日を精一杯やった。そんな気持ちになれるのかが嬉しい

 

あまり良くない点
・体調に悪い気がする

これは多摩在住で、外食しない僕の問題かもしれないが、23時近くに帰宅してご飯食べて

25時30分以降に寝る生活は、やっぱり良くないと思うし、実際に次の日しんどいから笑うしかない

 

おまけにライブ前に飲酒してるので1日の酒量が確実に増えている

でも、それ込みでの楽しさを知ってしまったからもう止められない(未成年のアイドルさんも結構いるのに(笑))

 

・感情のON/OFFが極端に近付く

終業後にアイドルのライブっていう、感情爆発的な事が控えてる日は特に顕著

 

まるで、その時間まで、省エネしているみたいに常にニュートラル。ただ、流すだけで良くも悪くも特に感情を使う事がない

職場の出来後がどこか遠い世界に遠ざかっていく感覚かな。個人的には色々気にし過ぎるしいだから

これは、特に悪い点とは思えないところも。気にしなくて良いし楽だし、仕事も地味に進む

 

・平日の日中がますます味気ない

これが個人的に一番のところ

 

とにかく、味気ない。日中が本当にただ淡々と労働をする場所になる(正直それも悪いとは言えないところもある)

楽しい時間が控えているから故の砂漠、無の時間

日々の仕事にやりがいを感じている人はこの限りではないんだろうけど、そうでない僕は現在進行形で

労働時間と楽しい時間に二極化が著しく進んでいる気がする

 

おわりに

平日ライブ行くようになっての色々を纏めたいなーと思っていたのを書いたこの記事

 

確かに楽しいけど、翌日の体調だったり、平日からアイドルのライブ行くなんてみたいなつまらない倫理観だったり生活習慣だったり

それらを色々捨て去ってるけど、やっぱり行けば楽しいし、今日1日楽しんだ!って気分が何よりも変え難い

平日に確実な楽しみが出来るって事も大きい。ライブあるおかげで月曜が楽しみに思えた時はビビった

 

楽しさと、明日からも生きよーって気持ちを貰える、漫画とかアイドルアニメのモブキャラみたいな感想

それが何だか楽しくて、今しかない時間を全力で行きたいなーって思う