すーさいどは遠い論

タイトルほど過激でない。ゲームと酒とアイドルに溺れる生活ログ(^人^)

絶対直球女子!プレイボールズ 2周年記念 ダブルヘッダー単独試合 1部~2回表 灼熱の甲子園編~ -ライブ感想

6月25日開催 プレイボールズ2周年ワンマン昼の部 へ 参加してしました。 思い出と忘備録 [絶対直球女子!プレイボールズ] 名前は知っていたものの、初めて見たのは 今年5月のアキシブさん主催の無銭乱舞 その時のステージがめちゃめちゃに楽しくて 心に刺…

凶悪 ある死刑囚の告発 -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:ノンフィクション ある死刑囚の告発により発覚した 後に、上申書殺人事件と 呼ばれるようになる殺人事件 その内容と告発から裁判までの流れについて 告発を受け、取材活動を行った記者の記録 良かった点 担当記者の心情を挟み…

プリズム -読書感想

内容紹介とレビュー 小学校女教師が自宅で殺害される 窓には外部から侵入形跡があり 室内には催眠薬入のチョコレート 彼女を殺したのは誰なのか? 良かった点 推理を楽しむという、面白さ 同じ事件を扱っているのに、章ごとに新しい1面を見せ、最後まで新鮮…

FBI心理分析官 異常殺人者達の素顔に迫る衝撃の手記 -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:ノンフィクション FBI捜査官が全米の凶悪殺人犯との 面談や事件捜査への参加を通して行った 調査・分析の記録 良かった点 アメリカの連続殺人事件を通して、殺人犯の心理を窺う事が出来る 各事件の概要と犯人についても詳しく …

THE SEXY BRUTALEを遊ぶ 第2の事件まで -ゲーム感想

配信開始日:6月18日 ハード:PS4 ジャンル:謎解きとアクション? THE SEXY BRUTALEとは 本作は、時間の巻き戻る屋敷内を探索し 招待された客人全員を、死の運命より 救う事が目的であり それまで何度も何度も同じ一日を繰り返す 各章ごとにターゲットとな…

知の逆転 -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:新書、サイエンス 政治、科学、数学、ロボット工学など 各分野の一流に、それぞれの現状や展望 個人的な考えや経歴等のインタビュー集 良かった点 気になった点 あくまで、本書刊行当時の最先端であること それぞれに好き嫌い…

PALET 5th Anniversary Tour ~REGENERATION~ TOKYO -ライブ感想

6月10日開催 PALETツアー東京夜の部に行ってきました。 約1月ぶりのWWW界隈 思い出と忘備録 [PALET] 今まで名前は知ってたけど、初めて見たのは2月のアイドル甲子園、まだpalet時代ですね それから対バンで見る機会が増えて 5月のアイジェネでのステージ…

巨大企業は税金から逃げ切れるか? パナマ文書以後の国際租税回避 -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:新書、経済 昨年起きたパナマ文書事件 その概要と影響の振り返りと ビットコインやサイバー世界の現状など タックスヘイブンの今後を予測する 良かった点 パナマ文書流出事件について詳しい。その概要と、反響について知る事が…

LAYERS OF FEARを遊ぶ 第一印象 -ゲーム感想

PS4 DLゲーム『LAYERS OF FEAR』を 遊んだのでその感想 内容紹介 本作は一人称視点で進む 次々に構造が変わっていく屋敷を探索し その隠された事実を追い求める 基本的に 探索→現れた資料の確認→移動し探索 といった流れになる それでも、 屋敷の構造がどん…

愚行録 おろ-か[愚か]2.ばかげているさま。 -読書感想

内容紹介とレビュー 都内で発生した一家殺人事件 夫は早稲田出身 不動産会社勤務のエリートサラリーマン 妻は慶應出身のお嬢様で、子供が2人 あるルポライターが行った 被害者夫婦の関係者へのインタビューを 中心に、そんな完璧な家族の真の姿に迫る 良かっ…

Mr.Shifty 瞬間移動して殴り続けて5時間を溶かす -ゲーム感想

Nintendo SwitchのDLアクションゲーム Mr.Shiftyを遊びました。その感想です。 [システム紹介] 本作は見下ろし視点型のアクションゲーム 主なシステムは、瞬間移動して殴る ただ、それだけ(!?) 複数のエリアで構成されたステージ制で 各エリアの敵を全…

放送禁止歌 無関心は歌を殺す -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:ドキュメンタリー テレビ番組等で放送禁止、自粛規制の 対象とされている歌がある その歌は、なぜそのような扱いとなったのか その理由と背景を筆者が関係者への インタビューを主に、取材した記録 良かった点 放送禁止歌につ…

HYPER LIGHT DRIFTERを遊ぶ 第一印象 -ゲーム感想

5月25日発売 HYPER LIGHT DRIFTERを3時間程遊んでみた ファーストインプレッション的な感想 ハード:PS4 ジャンル:アクション ストーリー:大病に冒された主人公が その治療法を探るために 旅する世界を [懐かしさと新しさの混じる世界] 本作は古き良き2D…

私の家では何も起こらない その屋敷では、死が穏やかに流れる -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:ホラー 過去にそこに住んだ人間が次々に死んだ そんないわく付きの幽霊屋敷の物語 人物へのインタビュー形式、会話 独り言といった書き方とオムニバス形式で 語られる死の記憶 良かった点 1話1話がちょうどいい長さでサクサク…

死印 体験版を遊ぶ vs花彦くん~第1章クリアまで -ゲーム感想

前回に引き続き、PSVITA 死印体験版の感想 今回は終盤から第1章クリアまでを ai00914-suici.hatenablog.com [怪異との戦闘] 探索を終え、ステージのアイテムを 全て集めると、いよいよ怪異との戦い 戦闘システム 基本的にはターン制で 1.プレイヤー:使用…

Jewel Beat!!2017~ArcJewel 6th Anniversary SP~ in TSUTAYA O-EAST -ライブ感想

5月27日開催 Jewel Beatに参加してきました。 久しぶりの道玄坂 それだけでも既にウッキウキ 思い出忘備録と感想 [今日来て良かったと思う出来事] 開演1発目 トップバッターはLuce Twinkle Wink☆ ルーチェはアニソンタイアップも多いので それだけでも楽しい そ…

部屋の鍵を落として帰宅出来なくなった話

「人生、何事も経験」 そんな勇ましい言葉があります。 概ねその通りではあるんですけど 経験したくない事柄って沢山あると 思うんです。 そんな事柄の一つ 夜帰宅しようとしたら部屋の鍵を 落として帰宅出来なくなった この間リアルで味わった そんな体験の…

検索禁止 過度の期待禁止 -読書感想

久しぶりに、本を買ってガッカリ そんな経験をしました… ジャンル:新書、ホラー 『放送禁止』、『出版禁止』等を手掛けた 筆者が、物語の裏側にある事件やタブー インターネット上の検索しては いけないとされる事物を解説していく 良かった点 今まで知らな…

死印 体験版を遊ぶ 第一印象 -ゲーム感想

6月1日発売予定 PS Vitaのホラーゲーム『死印』 その体験版が配信されたので 遊んでみました。 内容紹介とレビュー [ストーリー] それを刻まれた者は記憶を欠落していき 最終的には死に至る、呪いの印 その印を刻まれてしまった主人公が 同じような境遇の…

アキシブproject presents 無銭乱舞 -ライブ感想

5月19〜20日開催 アキシブ主催 無銭乱舞に参加してきました。 無銭乱舞ってまんまな公演名に笑う [この1週間を清算する金曜] まずは其の二 金曜、労働終わりにアイドルのライブ 上がらない訳が無い 愛乙女☆DOLL この回の目当てといって過言でない らぶどる…

i☆Ris 3rd Live Tour 2017 ~Fan+6=∞~ -ライブ感想

5月21日開催 i☆Risちゃん3rdツアー東京公演夜の部に 行って来ました。 その感想記事です。 2月のWUG☆Ris以来の中野サンプラザ 取り壊し云々みたいな話は どうなったんだろう 会場の中野サンプラザ [アイドルライブとしてのi☆Ris] i☆Risちゃんのワンマンに…

「天皇機関説」事件 我が国体を破壊する凶逆不逞の悪思想!断固撲滅! -読書感想

内容紹介とレビュー ジャンル:新書、政治 1935年に起きた、天皇機関説事件 その概要と、各方面の反響 当時の情勢、主要人物にスポットを 当てながら、事件を解説をする。 また、この1件が その後の日本へ与えた影響も分析する 良かった点 天皇機関説事件の…

リトルナイトメア ホラーゲーのつもりで乗り込む船は、狂気の香るアクションとステルスゲームの世界 -ゲーム感想

ジャンル:ホラー (個人的に)アクション、ステルス要素が 強い プレイ時間:6〜7時間 (アクションゲームが得意な人はもっと早いと思う) 良かった点 その雰囲気とクリーチャーの行動 謎解きのギミックと発見が楽しい 狂った世界を歩く緊張感と怖さ 死亡後…

新耳袋殴り込み 最恐伝説 異界の中心で世界を吊る -読書感想

内容紹介とレビュー 一つの転換期を迎えるシリーズ4作目 大阪 新世界にあるという 首吊り屋敷 それを相手にメンバーを変え 環境を変えながらも筆者が挑む レビューに関してはこちらを 参照して頂ければ ai00914-suici.hatenablog.com 感想 本作はこれまでと…

アニュータライブ2017「あにゅパ!!」 -ライブ感想

5月13日開催 あにゅパに参加して来ました。 その感想記事です。 雨が降る渋谷 事前に燃料を入れ会場に向かう 初めて行く代々木体育館の構造に 翻弄されつつ 取引相手様よりチケットを受け取り入場 (めちゃめちゃ良い人だった…) DJパートで、沢山のアニソン…

palet LIVE2017〜5周年ツアー直前!ご新規様大歓迎SP〜/アイドルカレッジ リリースイベント東武百貨店2部

5月13日開催 paletのライブとアイカレのリリイベに 行ってきました。 当日はあいにくの雨 そんな初台と池袋の思い出 palet 名前は以前から知っていたけれど 初めてステージを見たのは 今年2月のアイドル甲子園から 今回のライブ参加したのは 先週行った、ア…

新耳袋 殴り込み 第三夜 中年男子のマジがエンターテインメントに昇華する瞬間

内容紹介とレビュー 中年男子達のアグレッシブな 心霊スポット巡りも3巻目に突入 人形の幽霊を押さえるという ミッションに挑む レビューについてはこちらを参照していただければ ai00914-suici.hatenablog.com 感想 シリーズ3巻目ということで 以前から好き…

タイムマシンのつくりかた ロマンを現実に出力する

内容紹介とレビュー ジャンル:科学読み物、SF タイムマシンを作る事は出来るのか? どうような方法でタイムスリップするのか? という内容を、科学的に、ややSF的に 検証していく本書 あくまで科学的に且つタイムマシンという 機械装置の魅力を損なうことな…

GWとアイドルさん

今年のGWはアイドルさんのライブに沢山行けました。 その感想を 5/2 桃色革命×MAPLEZツーマン 突発で飛び込んできたライブ 出演者的にも楽しそうで無料(!)行くしかない 労働終にスーツで向かう表参道 会場近くのセブンに沢山いる 同じようにスーツを着て…

ゲーム感想- フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと 何度も死を体験して辿り着くその先

内容紹介とレビュー クリアまでの時間:7時間くらい 本作は一人称視点で、主人公達を操作し フィンチ家の人間が死んで行く瞬間を 探索、追体験、記録していく ストーリー進行、一つのルートを辿るかたち 死の追体験といってもグロ要素はなく 追体験する人物…

貞本版 新世紀エヴァンゲリオンを読み終える -読書感想

なぜ、こんな今更感に溢れるこんな記事を書くのか 今日、完走したからだよとしか言えない 元々、コミックスの刊行ペースが不定期で 気持ちが離れた訳では無いけど 何故か読むのが止まっていた、貞本版エヴァ 今日ふと思い立ち GWパワーも手伝い勢いそのまま…

人類の未来 その答えは最先端と未来像、大胆且つ論理的

ジャンル:時事、インタビュー集 政治、AI、経済、建築、科学 その最先端にいる世界的著名人への インタビューを纏めたもの 彼らが語る各分野の現在と 今後についての内容は はっきりと、分かりやすく響く 自分の知らない分野は勿論 ある程度知っている分野…

ライブ感想- アイドルカレッジ アイカLet's 東名阪ツアー2017東京

4月30日開催 アイドルカレッジツアーファイナル東京に 参加してきました。 新宿BLAZE前は何かのイベントがあったのか 多数の路上ダンサーと、イスでくつろぐ人達 そんなビル街の一角での春の陽気が 心地よい中、燃料も入れ終え入場です。 (新宿BLAZEはアクエ…

オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ 得られた唯一の結論は「やっは分からない」

内容紹介とレビュー ジャンル:ドキュメンタリー、エッセイ 筆者がオカルトに纏わる様々な人物や 場所を訪れるエピソード集 オカルトとは何か、どういうものなのな といった内容を上記のエピソードを通し 探求する [気になった点] 基本的に色んなエピソー…

新耳袋 殴り込み 第二夜 全国の心霊スポットに遠征して霊を全力で挑発する事に関する100の話

内容紹介とレビュー ジャンル:ドキュメンタリー、ホラー いい歳した大人が心霊スポットに ガチで殴り込むシリーズ第二弾 新メンバーの追加と、メンバー感の練度も 高まり、関西や九州遠征まで行い 更に見苦しく本気の突撃を行う レビュー的な部分は こちら…

ワンダーウィード PRESENTS 4マンライブ 欲張りワンダーランド

4月22日開催 ワンダーウィード主催4 マンライブ 欲張りワンダーランドに参加しました。 突発で飛び込んできたライブ ワンダーウィードが地味に気になってきたタイミングで 愛乙女☆DOLLとPiiiiiiiNとかいう熱い出演者にチケ代1000円(!?) 行かないという選…

カラス屋の双眼鏡 世界の見方をちょっとだけ拡張するヒント

内容紹介とレビュー ジャンル:エッセイ 生物行動学者である筆者の 日常の出来事や 過去から現在に至る 動物との触れ合いや研究について 様々なエピソードが短編集のように 収録されている [良かった点] 生物行動学者の研究の一部や、ちょっとした日常、思…

ラチェット&クランク THE GAMEが面白い

現在PSストアで開催されている(19日まで) ユーザー評価が5~4.5のゲーム対象にした セールで購入した ラチェット&クランクが面白い 簡単な感想 ジャンル:アクション 現在のプレイ時間:約4時間 今更感想を書くのも躊躇われる PS2時代からの有名アクションゲ…

新耳袋 殴り込み 第一夜 いい歳した大人が全力で心霊スポットに殴り込む

内容紹介とレビュー ジャンル:ドキュメンタリー、ホラー 怪談の舞台となった場所に実際に行ってみる というコンセプトの時点で期待が高まる いい歳した大人達が本気で乗り込んで 本気で怖がるドキュメンタリー [良かった点] 実際に行ったからこその怪談現…

Party Rockets GT presents ”Rockin' Together vol.8"

4月16日開催 Party Rockets GT presents ”Rockin' Together vol.8”へ 参加してきました。 会場とかの写真は帰りに撮れば良いだろうと構えていたら 終演後は全て撤去されていたので文章のみです… 感想と防備録 開演からやや遅刻で入場 [初めまして26時のマス…

今週の総括20170414

ひっさしぶりの週5 の仕事 月曜から通勤中に前日飲みすぎた影響で 気持ち悪くなって2回途中下車したけど なんとか平日5連勤を完走(電車遅延があってラッキーだった) 月曜に途中下車した時は正直 「もう月曜出勤出来ない体になってしまったんじゃないか……

空想科学読本 3分間で地球を守れ? 帯のコピーが圧倒的に端的に簡潔的に魅力的

内容紹介 ジャンル:アニメ、特撮、やや科学 ウルトラマンや仮面ライダーといった 特撮やアニメに平然と設定されている トンデモ設定を真面目に考えてみよう という内容 といっても、冷やかしとか 悪い意味ではなく 作者自身の好感の持てる描き方もあり 楽し…

Nintendo Switchを1月遊んだ感想

個人的にスーファミ以来の任天堂の家庭用ゲーム機 その感想を今回は書きました。 はじめに 本記事はハードのスペック表にある数字を見ても その意味に明るくないぬるいゲームオタクの 体感を主にした感想です。 [第一印象] 「あんまり、ゲーム機っぽくない…

量子革命 アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突 実在を巡る偉大なる鬼ごっこ

内容紹介 ジャンル:ノンフィクション 量子の発見から現在の研究まで 量子力学の成立の歴史を見る 量子力学に関する知識がなくても 一つの小説のように読む事が出来る アインシュタインが1人で作り上げた 相対性理論に対して 量子力学は数多くの科学者により…

古代史捏造 旧石器発掘捏造事件とは何だったのかを探る

内容紹介 ジャンル:ノンフィクション 2000年に起きた 旧石器発掘捏造事件 本書はその影響と事件後を描く これより先に刊行された 「発掘捏造」の後日談的内容 前作と同様に取材班の活動記録を 纏めたものとなっている 前作に引き続き 前中期旧石器時代の初…

新世紀エヴァンゲリオン 旧劇場版 The End Of Evangelion リアタイ実況を通して色んなものが倒壊する1900文字 -アニメ感想

なぜ今エヴァ旧劇の記事を書くのか 先日(3/31)NHKBSプレミアムで放送されたものを 実況した気持ちを引きずっているからだよ 気持ち悪くて長い感想 僕が初めてエヴァを知ったのが小学生の頃 クラスのサブカル的に先進的な友人が(褒めてます) 見せてくれた…

発掘捏造 日本人のルーツの為に戦った記者の記録

内容紹介 ジャンル:ノンフィクション 2000年に起きた 旧石器発掘捏造事件をスクープした 毎日新聞取材班の記録 実在の事件の取材記録ながら まるで小説を読んでいるかのような 面白さと流れがある 感想 [疑惑の芽生え] 今回の始まりは1通の電子メールから…

今週作ったプラモ レジェンドBB 騎士ユニコーンガンダム

発売日に買った 騎士ユニコーンガンダムを作りました。 3年半物です。 マスクドモード 白と金のカラーリングと マスクのシュッとした感じがカッコいい BB戦士のへの字ダクトのない顔は スマートで良い… ビーストモード こちらはよりユニコーンガンダムのイメ…

発掘狂騒史 「岩宿」から「神の手」まで 日本考古学の歴史と共に見るゴッドハンド -読書感想

内容紹介 ジャンル:ノンフィクション 本書はF氏による旧石器事件を メインに据えているような印象を与えますが その内容は、1949年の岩宿遺跡の発掘 その発掘の中心的な人物の出会いまで遡り そこから現在までの日本考古学の歴史を見る といった内容になって…

科学 vs.キリスト教 世界史の転換 普遍史という異界を歩く

ジャンル:新書、歴史 概要:17世紀から19世紀に欧州で語られていた歴史と それが今日の世界史になるまでの流れを見る 内容紹介 19世紀まで欧州で支配的であった 普遍史(universal history)から 世界史(world history)への転換に至るまで 各年代の主要人…